本文への移動 カテゴリーメニューへの移動
  1. ホーム
  2. 事業内容
  3. アセットマネジメント事業
  4. 資産運用サービス
フォントサイズ

資産運用サービス

より充実した金融情報の提供を目指して

モーニングスターでは、ウェブサイトを通じて投資信託を中心とした国内外の金融情報を提供するほか、証券専門新聞として国内最大の発行部数を誇る日刊「株式新聞」と「株式新聞WEB版」、日本最大級のアカウントアグリゲーションサービス「マネールック(MoneyLook®)」、日本最大級の中国情報サイト「サーチナ」、Webサイトをユーザーの視点で評価・ランキング付けし、発表するGomezサイトランキングなどの運営を通じて、投資家のみなさまの資産形成をサポートしています。

モーニングスターによる多様な金融情報の提供 SBI証券 モーニングスター

最良の資産運用アドバイスツール(金融法人向けサービス)

タブレット型端末を活用した資産運用アドバイス
金融機関にとって重要なことは、個人のお客様一人ひとりに合った金融商品を選択できるよう適切な情報を提供することです。
モーニングスターではタブレット型端末を通じて、金融機関の資産運用アドバイザーが個人のお客様により良いご提案を行えるよう最適化されたアプリケーションサービスをご提供しています。
 タブレット型端末に搭載されたこのサービスは、「ファンド情報」「比較機能」「購入シミュレーション機能」など資産運用アドバイスに欠かせない機能が集約されており、現在50社近くの金融機関等に対して3万台以上が導入されています。

最新ニュース

一覧を見る

2018年6月15日
株式会社筑邦銀行との共同店舗の運営開始のお知らせ[SBI証券]
2018年6月8日
住宅ローン取扱額4兆3,000億円突破のお知らせ[住信SBIネット銀行]
2018年6月7日
AIを活用したバイサイドのトレーディングシステムを提供する米国のPotamus(ポタマス) Holdingsへの出資に関するお知らせ[SBIクリプトインベストメント]
2018年6月7日
城南信用金庫、環境エネルギー政策研究所、玄海インベストメントアドバイザー、SBIソーシャルレンディングによる再生可能エネルギー発電所開発案件における4社間協業のお知らせ[SBIソーシャルレンディング]
2018年6月6日
デジタルアセットを含む様々な金融商品のグローバルトレーディングハブを目指すマレーシアN2N Connect Berhadへの出資に関するお知らせ[SBIホールディングス]

主要企業

関連情報