自己免疫疾患・がんをターゲットとした樹状細胞制御による免疫調節薬開発を行うSBIバイオテックは、眼疾患・腎疾患をターゲットとしたsiRNAテクノロジーによる核酸医薬品開発を行う100%子会社Quark Pharmaceuticals社とともに、難病の治療法や革新的新薬の創出を通して社会に貢献することを目指し、新薬の開発に取り組んでいます。

SBIバイオテックが研究開発を進める免疫調節薬は、体の免疫反応の制御を担うpDC(形質細胞様樹状細胞)に作用して、免疫反応の活性化によるがんの治療や、過剰反応の抑制による自己免疫疾患の治療を行う新薬候補です。
現在までに臨床試験直前の段階まで研究開発を進めており、今後は、臨床試験による効果や安全性の検証を経て、新薬の承認・販売を目指しています。

樹状細胞(免疫)制御による疾患治療

Quark Pharmaceuticals社が開発する核酸医薬品は、病気の原因となる遺伝子の働きを抑制して病気の発症を抑制、症状を軽減する次世代型の医薬品で、現在の医薬品市場の大部分を占める低分子医薬品や抗体医薬品では創薬が出来ないとされている難病を治療することが期待されています。
現在までに最終段階の臨床試験(フェーズIII)に進んでおり、今後数年のうちには新薬の承認・販売が期待される状況にあります。