SBIホールディングス株式会社 代表取締役 執行役員社長 北尾 吉孝

SBIグループは「金融の規制緩和」と「インターネット革命」という2大潮流に乗って、消費者により高い便益性をもたらす金融サービスを多岐にわたって展開することで飛躍的な成長を遂げてまいりました。
これらにより、世界で極めてユニークなネット金融を中心とした金融コングロマリット(FinTech 1.0)が完成し、中期的に注力してきた収益源の多様化によって株式市況に過度に依存しない事業基盤を構築しております。

現在、SBIグループではブロックチェーンを中核技術とした革新的な金融サービスを提供する完全なブロックチェーン金融生態系(FinTech 2.0)への移行プロセスを推進しています。
革新的な技術開発が世界的に進展しているFinTech等の分野は、創業時以上の大きな潮流となる可能性を秘めており、 SBIグループの有する経営資源を最大限活用しFinTechの新技術で社会変革をもたらすとともに、地域金融機関の企業価値向上に向けた様々な施策を通じた地域経済の活性化を実現し、地方創生にも貢献してまいります。

また、人々の健康意識の高まりと、バイオテクノロジーの進化に大きな期待が持たれる中、SBIグループが21世紀の中核的産業の1つとして位置付けているバイオ関連事業においては、医薬品分野・健康食品分野それぞれの収益の極大化を進めながら、主要バイオ関連事業各社が新規株式公開を目指すことで、それぞれが自立した事業運営を行える体制を構築してまいります。

金融庁が「顧客本位の業務運営(フィデューシャリー・デューティー)」を各金融機関求める中、SBIグループでは創業以来「顧客中心主義」を徹底し、真に顧客の立場に立ったサービスを提供してまいりました。
今後も「顧客中心主義」に則った取り組みを一層強化・徹底していくとともに、経営環境の変化を踏まえ 時流の変化を捉えた事業戦略を推進することで、より革新的なサービス、ビジネスの創出に努め、顧客価値、株主価値、人材価値の総和たる企業価値の極大化を追求してまいります。

SBIホールディングス株式会社
代表取締役 執行役員社長
北尾 吉孝