採用TOP > 社員インタビュー > モーニングスター セールス&マーケティング部

銀行員時代に抱いていた問題意識

    前職では銀行の支店で投資信託等の金融商品販売を行っていましたが、日々お客さまと接する中で問題意識として感じていることが2つありました。1つ目は、既存先のお客さまが「銀行の人に言われたから」という理由で、漫然と金融商品を持たれているケースが少なくなかったことです。目的意識や意義を持たないまま価格が上がったり下がったりになんとなく振り回されている、というのは理想的な姿ではないと感じていました。2つ目は、お持ちの金融商品について、お客さま自身が内容をよく把握されていないことも少なからずあったことです。販売担当者とお客さまが持つ金融資産や相場にまつわる情報の質や量には大きな隔たりがあります。その「情報の非対称性」とでも言うべきものについては、何か手立てを打たなければならないのではと思っていました。
    そうした中で、投資信託を独自に評価し、個人投資家向けにわかりやすく情報を提供しているモーニングスター(当社)の存在を知ったことがきっかけで転職し、現在はセールス&マーケティング部で金融機関の資産運用販売の場面でご活用頂くアプリケーションである「MS Wealth Advisors」に携わらせて頂いています。転職して1年が経ちますが、自分の中で考えていた“こうなったらもっと世の中が良くなる”と思うことに対して仕事を通してアクションを起こせていることは、大変ですが非常に幸せなことだと思っています。

    仕事内容をもう少しかみ砕いてご説明すると、「MS Wealth Advisors」というアプリケーションの「保守・運用の業務」と「活用促進のための研修」の2軸を中心に日々業務にあたっています。保守・運用の部分については、日々日本全国の金融機関の窓口などで預かり販売員の方に実際にご利用を頂いているこのツールを、安心して、またより効果的に使って頂けるよう日々メンテナンスやバージョンアップをしています。金融商品事務は常に正確な内容が求められるため責任も重く、またアプリそのものを使いやすくより良いものにしていくために本部のご担当者さまと常に連携を取って取り組んでいる、各金融機関の営業推進施策にも関わるような重要な仕事です。また、もうひとつの研修については、今あるツールをより良く使って、お客さまと販売員の皆様の両者にとってメリットがあるような営業活動をして頂くことが出来るよう、実施しているものです。金融商品販売は予測の出来ない相場の動きの影響を受ける難しい仕事であり、またその在り方も金融庁の声かけひとつとってもそうですが大きく変わってきているタイミングでもあり、私自身も銀行員時代色々な葛藤を感じていました。この立場で色々な方にお話を伺う機会がありますが、やはり同じような課題に直面している方が少なくないと感じます。ですが、このツールをご活用頂くことがひとつの課題解決の糸口になるのでは、と強く思っているので毎回熱が入ります。昨年は数名のチームで年間250回ほど研修を行って、1週間5営業日で福岡・福岡・山形・1日は六本木のオフィスで業務をして、翌日は盛岡で研修ということもあったくらい、本当に沢山のご依頼を頂いています。考え方や感じ方は人それぞれですし、正解のない仕事なので、日々ああすればよかったかな、こうしたらよかったかなと考えながら取り組んでいるというのが実情ですが、研修後に参加者の方から「とても便利なツールで、是非活用するべきだと思った」と声を掛けていただくことがあったり、「また是非木島さんにお願いしたい」とお話を頂くこともあったりと当社の取り組みを魅力に感じてくださる方の声にいつも励まされて頑張っているところです。
    自分自身も銀行員時代に「このお客さまにはどうお話したらよいご提案が出来るだろう」と試行錯誤をしてきた経験があるので研修では自分自身の経験を活かしてお話ができますし、それに加えて当社のような会社だからこそ持っている手段やノウハウをお伝えしながら、現場の皆様に少しでもお役に立てる話が出来たらいいなといつも思っています。

金融機関のリテール営業をサポートする側で

    今は、銀行員時代に課題だと思っていた“こうなったら世の中としてももっと良くなる”というところささやかながらも繋がっていく仕事が出来ていて、目的意識を持ってやりがいのある仕事が出来ていると思います。この1年間はずっと忙しかった印象ではありますが、その過程で日本中のご担当者さまとお話をして仲良くなって、私自身も学びながら世界が広がっていくのはとても楽しいことだと感じています。また、研修の中身を自分で考えて、それを実際に取り組ませて頂ける業務の自由度の高さや、大きかった銀行という組織と比較して自分の取り組みがダイレクトに会社の取り組みそのものに繋がっていると感じられるのは当社の大きな魅力だと思います。例えば、新規導入を担当したアプリケーションについて、金融機関のプレスリリースの中でモーニングスターと一緒に作りました、と当社の名前が出ていたり、私が担当した研修を金融機関内で行員の皆様向けにご紹介いただいたりすることもあり、自分の働きが会社の評価に貢献することが出来たかもしれない、と感じられる場面に立ち会えることは嬉しいことだと思っています。
    現在ご提供しているアプリケーションについても、投資信託の情報提供だけではなく、保険やライフプラン、その他より幅広い金融商品のご提案までカバーできるように、順次機能の追加や強化を行っているところであり、研修についても今までにないものを作っていくタイミングに入っています。限られた時間でいつも沢山の案件を抱えて大忙しですが、どんどん新しいアイデアを出して、お客さまのリアクションを受けてまた考えて、よりよい姿を目指していくというのが当社らしさなのかなと思います。常にスピード感を求められる環境ですが、担当する金融機関のみなさまの声にしっかり耳を傾けながらツールの利便性向上を図るとともに、研修の経験もますます積んでいき、今後一層各金融機関のみなさまのリテール営業のお役に立てるよう、引き続き頑張りたいと思います。

    ニュース一覧

    2017年12月13日  「FinTech関連事業 新規メンバー採用」を追加しました。
    2017年7月21日   採用サイトをリニューアルしました。