採用TOP > 社員インタビュー > SBIボンド・インベストメント・マネジメント コンプライアンス部

「まずはやらせてみる」という社風

    前職では証券会社で富裕層やオーナーの方たちに資産運用や相続の提案をしていました。しかし、自分と同世代の30代や40代こそ将来への不安を抱えていることを実感し、そういった世代に対して資産運用の必要性やメリットを伝える仕事をしたいと思うようになりました。次のステップとして、投資信託を育てていく運用会社に入りたいと思ったのが転職のきっかけでした。一方で、私は証券会社で営業の経験しかなかったので、いざ転職活動をしてみると、運用会社から求められる仕事は支店まわりの勉強会などを担当する営業の仕事が大半でした。その中で、SBIボンド・インベストメント・マネジメント(当社)では「コンプライアンス関係のことから、商品の企画とか設定に関わるところを幅広くやってもらうことになるから、会社の規模は少人数で大変だけれども勉強になるよ」と聞き、運用会社の仕事を幅広く学べるのではないかと思いました。
    実際入社してみると、確かに社員は10名足らずの少人数の組織で、運用会社としての様々な業務に携わらせてもらっています。

    現在の仕事は、まずは商品設定に関しては商品の概要書や約款と言われる契約書面の作成から、設定する上での関係各社との連携、契約の締結などです。このほかにコンプライアンス業務として、金融庁や投信協会、投資顧問業協会への届け出業務や、運用商品のモニタリングを、ほかには会社の収益の管理や取締役会・株主総会の準備・運営に関わる仕事もしています。
    経理関係の仕事はゼロからのスタートでしたので、最初は本当に分からないことだらけでした。さらには入社して2か月ぐらいの頃に外国の投資信託を含むファンドオブファンズを作ることになり、ファンドの設定に関わらせてもらうことになりました。関係する全てのミーティングに参加させてもらいましたが、当時はファンド設定のスケジュール感や、どういう人たちが関わってどうやって作られているのかが全くわからない状況でした。ミーティングは知らない言葉で溢れかえっていましたが必死でメモをして、まずは自分で調べてやりながら覚えていくということの繰り返しでした。むしろ、“自ら学んでいかないと会社のスピード感に追いつけない”というのが当時の実感でした。大変でしたが、ファンド設定は証券会社では関われない部分なので色々勉強になりました。
    また、簡単に投資信託といっても様々なスキームがあり、商品ごとに注意するべき点も変わってきます。いくら経験を積んでも、新しい商品設定に携わる中で今まで知らなかったことを知ることもあり、今の仕事は飽きることがありません。また、業務の中で常に細かい改善を意識しています。例えば、新しいファンドをきちんと運用できているか、ガイドラインを守っているかをチェックするモニタリングもコンプライアンス部の仕事の一つですが、ファンド本数がどんどん増えていく中で今までのやり方のままではダメだと思い、モニタリングをスムーズに進められるように自動化システムを構築しました。こうした様々な経験をさせてもらえることは当社の魅力だと思います。

営業とバックオフィスをつなぐ

    当社が一番大事にしていることは“顧客目線”ということです。お客様から頂く報酬を業界水準より低くし、お客様から求められている商品を作り続ければ必ず受け入れられるはずだという考えです。これはSBIグループ全体の考えだと思いますが、“世のためになることをする”ということが浸透していると思います。
    当社は現在、金融機関が求める商品を作る「私募投信」の残高を着実に伸ばしています。公募投信も含めると、2018年12月には運用資産残高が5,000億円を達成しました。お客様である金融機関から「こういうファンドを作ってほしい」という声に応えるとともに、ファンド設定までのスピードを圧倒的に改善した結果だと思います。私の仕事でも一番大事にしているところは顧客対応です。お客様と直接対応している営業側から頼まれたことは、他の仕事を置いて、必ず先に取り掛かるようにしています。私も以前は営業の立場でしたので、お客様にすぐにレスポンスを返したいという営業側の気持ちはよくわかります。もちろんバックオフィスとして慎重に仕事を進めるとともに、クイックレスポンスを心掛けています。今は営業とバックオフィスの両サイドの気持ちがわかるようになったことで、一歩成長できたのではないかと思います。
    入社してから気付かないうちに色々な知識が積み重なっているとは思いますが、それでもまだ知識が足りていないことを実感する日々です。今は自分の仕事範囲を限定せず、言われたことや自分に出来ることがあれば好き嫌いせずにやってみようという気持ちでいます。今後も様々な仕事に携わり、勉強と経験を重ねてステップアップしていきたいと思っています。

    ニュース一覧

    2017年12月13日  「FinTech関連事業 新規メンバー採用」を追加しました。
    2017年7月21日   採用サイトをリニューアルしました。