採用TOP > 社員インタビュー > SBIソーシャルレンディング 管理統括部

若手社員によるワーキンググループが刺激に

    SBIマネープラザに在籍していた2017年に、新たにSBIグループの横断組織として「次世代金融スタディグループ」が設置され、グループの20代社員を対象としてメンバーを募集していました。これはフィンテック領域の技術革新等で金融業界の競争環境が大きく変化している中で、SBIグループの次世代の金融ビジネスを考察するためのメンバーを募集するというものでした。
    SBIグループ北尾代表から全社員に向けたメールでこの募集が発表され、せっかくSBIグループにいて、こういうチャンスが目の前にあるのに応募しないのは勿体ないと思い、私も勇気を出して応募しました。
    それまでは、グループの同世代の社員と交流する機会があまりなかったので、スタディグループの勉強会の中で熱い議論が展開され、同世代の情熱や物事の捉え方に触れられたことはすごく刺激的で勉強になり、社内の人脈も広がりました。

    SBIソーシャルレンディング(当社)に異動を希望したのも、世界的に爆発的な可能性を秘めたフィンテック分野を法務部門からサポートしたいと思ったからです。現在は契約書作成や融資案件を組成するにあたって法律的な問題が出てきた時の対応などの法務実務に加え、マネーロンダリング対応といったコンプライアンス面も担当しています。仕事を進める中では、経営層が日頃感じているリスクが何かを常に自分も考えるよう意識しています。予防法務としてすべてのリスクを洗い出すことは非常に難しいですが、例えば現場の担当者が実務上また契約上において曖昧にしている部分は後々回収リスクにつながる可能性があるので、曖昧な部分が残らないよう精査をします。社内で整理がつかなければ、弁護士に聞いたり、外部の規制団体に聞いたりすることもあります。
    一方で案件を管理的側面からだけで考えているとつい視野が狭くなってしまいがちですが、特に私の上司は「全社的にみてどうかを考えよう」と、常々言っています。そのため私も、「自分は管理部門の人間だから、これだけをやればいいんだ」という仕事のやり方ではなく、全社的にみて最善の方法を、またお客さまにとって最良の商品を提案できるよう常に意識しています。
    また、当社では「管理部門だから」「バックオフィスだから」と区別せず部門の垣根を越えて、様々な仕事をさせてもらえるのも、私にとっては知見や経験を圧倒的なスピードをもって蓄積できるよい機会・環境と感じています。最近では広報の仕事も担当しているほか、社内業務の改善の為にRPA(Robotic Process Automation /ロボティック・プロセス・オートメーション)化やKYC(Know Your Customer/顧客確認手続)最適化の検討など、新しい仕事にも積極的に携わらせてもらっています。

業界のリーディングカンパニーとして

    ソーシャルレンディングという金融サービスは日本ではまだ馴染みが薄く、投資家の中には“よくわからない”という印象を持たれている方もいらっしゃると思いますので、当社は業界のリーディングカンパニーとしてそうした印象を払拭し、“よくわかる”身近な金融サービスにしていきたいと思っています。ソーシャルレンディングは、借手に対する審査がいい加減だとお客さまの資産に損失が出てしまいますので、業界全体としての信頼度を高めるためにもソーシャルレンディング事業者各社がしっかりとした審査を行わなければいけません。現在は自主規制団体によるルールが制定されているのですが、そうしたルール作りの会議体にも当社は参加しています。
    審査の過程で難しいのは担保の取り方です。慎重に慎重を重ねて、弁護士などの外部の有識者ともじっくり検討していきます。当社はお客さまの資産をお預かりして運用していく立場ですので、法的に問題がなければそれでよいのではなく、お客さまにとっての最善の利益を考えた商品設計・運営をしていくことが重要だと考えています。

    お客さまにとっての最良とは何か、お客さまにとってそれは最善なのかという点を一番に考えるようにしています。例えば広告を一つ作るにしても、どう書いたらお客さまにリスクとメリットの両面をご理解頂けるのか、広告文言をご覧になったお客さまがどう捉えるか、どう考えるかと、常にお客さまの立場に立って考えるようにしています。
    私の仕事はバックオフィスですが、単なるコストセンターとしてではなく成果につながる縁の下の力持ちになれるように、「守り」と「攻め」両面の役割を担いたいと思っています。

    ニュース一覧

    2017年12月13日  「FinTech関連事業 新規メンバー採用」を追加しました。
    2017年7月21日   採用サイトをリニューアルしました。