システム担当者から為替ディーラーへ転向

最初はシステムの案件を整理するというミッションでSBI FXトレードに入社したのですが、当時は社員が少なかったということもあり、顧客との接点となるフロントサイドや管理サイドの業務もサポートするなど、様々な経験をさせてもらいました。
SBI FXトレードでは“お客様に気持ちよく取引してもらうためには何が必要か”ということを常に考えながら、キャンペーンであったり、ホームページの見せ方であったりを考えていました。例えば、お客様への取引レポートの送付は企画の立案から実行まで一貫して携わり、勉強になることがたくさんありました。取引レポートを送った後に、お客様の取引がどう増えたかという反響まで知ることができたのです。自分で考えたことがお客様にどういう影響を与えるかということを肌で感じることができ、一連のプロセスに携わるチャンスを頂けたことは、その後の仕事に臨む上での自信にもつながりました。

入社以来、強く憧れていたある意味“花形“ともいえる為替ディーラーとして、2016年に働かせてもらえる機会を得ることができました。最初は、憧れの為替ディーラーとして働ける嬉しさの反面、知らないことが非常に多く、周りの人は知っていて当然のことが自分にはわからないような状況からのスタートに不安も大きくありました。幸い、第一線でディール業務を行ってきた先輩たちから丁寧に仕事を教えてもらえ、またマーケットの見方についても「銀行ならこういう場面でこうする」「このニュースに対してマーケットはこう見ている」などの色々なアドバイスをいただけるので、今はとても恵まれた環境にいると感じています。

新米為替ディーラーとしてチャレンジの日々

私の仕事はお客様が取引した為替の取引を、インターバンク市場(銀行間取引市場)でヘッジを行う“カバー取引”と言われる業務です。そのカバー先(取引先)は国内外の銀行や証券会社です。 “カバー取引”はあくまでお客様の取引に対して行うもので自らがポジションを取ることはありません。しかし、現在お客様に提供している為替レートは実際のマーケットと同等もしくはそれ以上の条件のものとなっているので、その中で収益をあげていくためには、銀行等とのコミュニケーションを密にし、マーケットに対するアンテナを張り巡らせつつ、常に顧客のポジションやオーダー状況などをチェックし、リスクをコントロールしていくことが重要となります。 為替ディーラーは数字(収益)に直結する仕事であり、またそれが秒単位でリアルタイムに変化していきます。そこが厳しいところであり、また同時に強くやりがいがあるところとも感じており、常に緊張感をもって業務に臨んでいます。

私は為替ディーラーとしてはまだまだ“新米”ですが、自分がディールに入っていない時でも常にマーケットニュースをウォッチし、意識して為替の動きを追うよう心掛けています。
これからも為替ディーラーとして研鑽し知識と技術を高めていくことで、チームに支えられるだけでない、チームを支えることもできる、そして会社事業に大きく貢献できる一流の為替ディーラーに一日も早く成長したいと思います。

募集職種・キャリア採用

ページトップへ