本文への移動 カテゴリーメニューへの移動
  1. ホーム
  2. 企業の社会的責任
  3. CSR活動の歩み
フォントサイズ

CSR活動の歩み

企業の社会的責任(CSR)の高まり

SBIグループは、本業そのものがCSR(企業の社会的責任)の取り組みに合致するこれらの事業活動を強力に推進しています。 そして、『利の元は義なり』の合言葉で、今後も正しい事業は必ず報われるということを実証していきます。

SBIグループの現在までの直接的社会貢献の取り組み

企業は社会との共生の中でのみ繁栄することができるとSBIグループは考えています。より良い社会を築くことは、企業の将来にもより良い成果をもたらすはずです。
SBIグループでは、「社会貢献活動は戦略的投資である」(ハーバード大学 マイケル・E・ポーター教授)という教えのもと、本業を通じて社会に貢献するだけでなく、より直接的な社会貢献活動に取り組んでいます。

2002年1月
ソフトバンク・ファイナンス取締役会にて基本方針を決定
税引後利益3億円以上を計上したグループ各社は利益の1%を児童社会福祉法人へ寄付を行う
2004年7月
寄附活動本格化
9政令指定都市、39都道府県から賛同を得て、各自治体所管の児童養護施設・乳児院等(173施設)に対して、総額167.1百万円 の寄附金謹呈
2004年12月
SBI児童福祉有限責任中間法人設立
SBIグループ各社からの寄附金だけでなく、ストックオプションなどの寄贈を受け入れ、証券市場を活用して幅広く寄付活動を展開する日本初の試み
2005年1月
SBI児童福祉有限責任中間法人活動本格化
全国施設見学・状況把握
全国自治体を訪問・実態ヒアリング
2005年3月
賛同者から中間法人への浄財受入開始
新規公開企業の自社株を創業者より拝受
未公開企業の新株予約権を拝受
2005年10月
財団法人SBI子ども希望財団設立
http://www.sbigroup.co.jp/zaidan/
SBIグループとしての活動を超え、 広く社会全体からの賛同者を募りながら、児童の自立を支援し、産業界に児童福祉の啓発を行うことを通じて、児童福祉の充実及び向上に寄与することを目的に設立。
2007年4月
SBIウェルネスバンク株式会社設立
http://www.sbi-wellnessbank.co.jp/
「世界最高の治療を受けたい」「最先端の機器で検査を受けたい」「24時間いつでも医師と連絡を取りたい」「病気を予防したい」「いつまでも若く元気でいたい」といった、人々の様ざまな健康に関するニーズに幅広く応えるサービスの提供を目的に設立。
2007年12月
社会福祉法人慈徳院「こどもの心のケアハウス嵐山学園」オープン
埼玉県で初となる、情緒障害児短期療育施設(虐待等で心に傷を負い心理的治療を必要とする児童を短期間入所させ、専門的心理ケアを行う児童福祉施設)社会福祉法人慈徳院(理事:北尾吉孝)「こどもの心のケアハウス嵐山学園」がオープン
2008年4月
SBI大学院大学開校
www.sbi-u.ac.jp
文部科学省より認可取得。日本および世界の経済・社会に活力をもたらす「有為な人材」を育成するべく、高い意欲と志を有する人々を広く集め、互いに学び合い鍛え合う場として開校。
2010年3月
「財団法人SBI子ども希望財団」の公益財団法人への移行
2010年2月24日付けにて内閣総理大臣から公益財団法人として認定を受け、2010年3月1日をもって公益財団法人に移行。
「財団法人SBI子ども希望財団」の公益財団法人への移行に関するお知らせ

企業の社会的責任