本文への移動 カテゴリーメニューへの移動
  1. ホーム
  2. よくあるご質問
  3. 決算情報について
フォントサイズ

よくあるご質問

決算情報について

Q1.
国際会計基準(IFRS)適用に伴う業績への影響を教えてください。
Q2.
業績や主要な経営指標の推移について教えてください。
Q3.
決算説明会の動画や資料はどこで見ることができるのでしょうか?
Q4.
有価証券報告書はどこで見ることができるでしょうか?
Q5.
四季報(東洋経済新報社)や会社情報(日本経済新聞社)の通期業績見通しについて

Q1.国際会計基準(IFRS)適用に伴う業績への影響を教えてください。

A1.
当社は2013年3月期より国際会計基準(IFRS)を導入いたしました。IFRS導入が当社の各事業分野の業績に与える影響は、以下の通りです。
【全事業分野】
・ 連結対象範囲の変更
IFRSでは連結除外規定を定めていないことから、当社グループで50%超の出資を行う場合は連結対象となり、連結の範囲が広がります。投資育成のために取得した企業等のうち支配していると認められる企業も連結子会社に含まれるなど、2012年3月期までは重要性の観点等から非連結とされていた子会社も連結子会社となります。
【金融サービス事業】
・ 公正価値評価による影響
金利・株価・為替等の変動が影響を及ぼすような資産・負債を保有している場合、公正価値評価によりダイレクトにその影響を受けます。
・ 費用の繰延
保険業法第113条繰延資産など、日本会計基準で認められるような費用の繰延がIFRSでは認められません。
【アセットマネジメント事業】
・ 公正価値評価による影響
営業投資有価証券は、基本的に売却の有無に関わらず、四半期ごとに公正価値評価されます。そのため、資産価値の変動がタイムリーに財務諸表に反映され、四半期ごとに業績が大きく変動する可能性があります。
営業投資有価証券のうち上場銘柄は、マーケットの影響を最も強く受けることから、その公正価値評価は大きく変動することがあります。また、未上場銘柄についても、投資先の業容拡大や収益性の改善状況に応じ公正価値評価が変動するため、アセットマネジメント事業の業績へ変動を与えます。
なお、バイオ関連事業、その他事業については、日本会計基準との大きな差異はありません。

ページの上部へ

Q2.業績や主要な経営指標の推移について教えてください。

A2.

業績報告」及び「財務・業績情報」にて、業績、経営指標に関する情報がご覧いただけます。

決算短信、決算動画および説明資料等につきましては「決算情報」をご覧ください。

ページの上部へ

Q3.決算説明会の動画や資料はどこで見ることができるのでしょうか?

A3.

SBIホールディングスでは四半期毎の決算発表を行っており、決算説明会及び、経営近況報告会の動画・資料は「決算情報」に掲載しております。

その他、インフォメーションミーティング(個人投資家向け説明会)及び、記者会見の動画・説明資料は「IRライブラリー」に掲載しております。

ページの上部へ

Q4.有価証券報告書はどこで見ることができるでしょうか?

A4.

有価証券報告書」をご覧ください。

ページの上部へ

Q5.四季報(東洋経済新報社)や会社情報(日本経済新聞社)の通期業績見通しについて

A5.

各出版社独自の調査・分析に基づいた推定値であり、当社としてお答えする立場にございませんので、直接、各出版社へお問い合わせ下さい。
また、当企業グループが展開する投資・証券関連事業をはじめとする金融事業全般は、その特性上、株式市場等の変動要因による影響が極めて大きいため、現在当社からは通期業績予想の開示は行っておりませんが、四半期毎の開示を始めとして当ホームページにて積極的に情報開示を行っておりますので、ご参照いただければ幸いです。

ページの上部へ

よくあるご質問