2【沿革】

 当社は、産業インキュベーション事業を行うために、ソフトバンク・ファイナンス株式会社の子会社として平成11年7月に設立されました。また、ソフトバンク・グループの日本における産業インキュベーション事業に関連する経営資源を集約するため、平成11年11月にソフトベンチャーキャピタル株式会社、ソフトバンクベンチャーズ株式会社、ソフトバンク・コンテンツ・パートナーズ株式会社及びソフトトレンドキャピタル株式会社を完全子会社とする株式交換を実施しております。

 ソフトベンチャーキャピタル株式会社はソフトベン1号投資事業組合の運営会社として平成4年1月に設立され、ソフトバンクベンチャーズ株式会社はソフトバンクベンチャーズ匿名組合の運営会社として平成8年6月に設立され、ソフトバンク・コンテンツ・パートナーズ株式会社はソフトバンク・コンテンツファンドの運営会社として平成9年5月に設立されております。これら3社は、ソフトバンク株式会社の子会社として設立され、平成11年3月にソフトバンク・ファイナンス株式会社設立の際に同社に譲渡されております。また、ソフトトレンドキャピタル株式会社は、ソフトバンク・インターネットファンドを運営するために、ソフトバンク・ファイナンス株式会社の子会社として平成11年4月に設立された会社であります。

 当社設立後の当企業グループの変遷は、以下のとおりであります。

年月

事項

平成11年 7月

産業インキュベーション事業を行うことを目的として、ソフトバンク・インベストメント株式会社を東京都千代田区に設立

平成11年10月

会員制のコンサルティングサービス(ソフトバンク・インベストメント・メンバーズ)を開始

平成11年11月

ソフトベンチャーキャピタル株式会社、ソフトバンクベンチャーズ株式会社、ソフトバンク・コンテンツ・パートナーズ株式会社及びソフトトレンドキャピタル株式会社を完全子会社とする株式交換を実施

平成11年12月

SOFTBANK INVESTMENT (INTERNATIONAL) HOLDINGS LIMITED(ケイマン諸島)を設立

SOFTBANK INVESTMENT (INTERNATIONAL) COMPANY LIMITED(ケイマン諸島)を設立

SOFTBANK CHINA VENTURE INVESTMENTS NO.6 LIMITED(ケイマン諸島)を設立

SOFTBANK CHINA VENTURE INVESTMENTS LIMITED(香 港)株式を取得

平成12年 1月

100%子会社であるソフトベンチャーキャピタル株式会社を吸収合併

平成12年 3月

当社を業務執行組合員とする投資事業組合(民法上の組合)であるソフトバンク・インターネットテクノロジー・ファンド1号(当初出資金総額68,800百万円)を設立

平成12年 4月

当社を業務執行組合員とする投資事業組合(民法上の組合)であるソフトバンク・インターネットテクノロジー・ファンド2号(当初出資金総額115,200百万円(このうちソフトバンク・インターネットテクノロジー・ファンド1号から53,000百万円の出資を受けております))を設立

平成12年 6月

産業インキュベーターの役割を補強すべく株式会社ソフィアバンクを設立

平成12年 7月

当社を業務執行組合員とする投資事業組合(民法上の組合)であるソフトバンク・インターネットテクノロジー・ファンド3号(当初出資金総額19,500百万円)を設立

大阪支店を大阪府大阪市北区に開設

平成12年 9月

札幌事務所を北海道札幌市中央区に開設

福岡事務所を福岡県福岡市博多区に開設

平成12年12月

大阪証券取引所ナスダック・ジャパン市場に上場

平成13年 4月

投資顧問業への事業展開を図るため、ソフトバンク・アセット・マネジメント株式会社の株式を取得

LBOファンドの運用・管理を目的としたエスビーアイ・キャピタル株式会社を設立

不動産ファンド事業を展開すべくエスビーアイ・リアルエステートマネジメント株式会社を設立(平成14年3月に株式会社エスビーアイ不動産に社名変更)

平成13年 5月

エスビーアイ・キャピタル株式会社を業務執行組合員とする投資事業組合(民法上の組合)であるSBI・LBO・ファンド1号(当初出資金5,000百万円)を設立

平成13年 6月

資産運用業務の強化を図るため、あおぞらアセットマネジメント株式会社の株式を取得

平成13年 7月

本店所在地を東京都港区に変更

年月

事項

平成14年 1月

不動産投資信託の資産運用業務への事業展開を図るため、株式会社東京リート投信の株式を取得(平成14年4月にエスビーアイリート投信株式会社に社名変更)

平成14年 2月

東京証券取引所市場第一部に上場

 

エスビーアイ・キャピタル株式会社を運用者とする企業再生ファンド一号投資事業有限責任組合を設立

平成14年 5月

ベンチャー企業に対するコンサルティング事業の強化を図るため、当社が筆頭株主であるイー・リサーチ株式会社とキャピタルドットコム株式会社の両社を合併(存続会社はイー・リサーチ株式会社)

資産運用ニーズの多様化・高度化にスピーディーな対応を図るため、子会社であるあおぞらアセットマネジメント株式会社とソフトバンク・アセット・マネジメント株式会社を合併

(新会社の商号をエスビーアイ・アセット・マネジメント株式会社に変更)

エスビーアイ・アセット・マネジメント株式会社が同社初の公募投資信託「ニュージャパン・インデックス・ファンド<DC年金>」を設定、運用を開始

平成14年11月

大阪証券取引所のナスダック・ジャパン市場から市場第一部に上場

 

3【事業の内容】

 当企業グループ(※1)は、「主に国内企業に対するインキュベーション活動を通じ、IT(情報技術)分野を軸とした21世紀の中核的産業の創造及び育成を担うリーディング・カンパニーとなり、国内外の経済の発展に貢献することを使命とする」という経営理念のもと、「産業インキュベーション事業」を営んでおります。当社は「ベンチャーズ・コンソーシアム(※2)」を構成する企業に対して、主に当企業グループが運営するファンド(以下、「当社ファンド」といいます)を通じたリスクキャピタルの供給、税務・法務・財務管理の支援サービスや株式公開等に関するコンサルティングサービスの提供及び役職員の派遣を含む総合的な支援を行っております。また、ベンチャーズ・コンソーシアム構成企業間の業務・資本提携等のアライアンスを推進し、当企業グループのネットワーク及び株式公開支援のノウハウを活用し、ベンチャーズ・コンソーシアム構成企業のさらなる企業価値増大を進めることにより、当社ファンド等の投資成果向上を図っております。

 

 当連結会計年度において当企業グループは、多様化する資産運用ニーズに対応しつつ、当社の事業基盤のさらなる強化を目指して、「企業再生ファンド一号投資事業有限責任組合」の組成、不動産ファンド事業の立ち上げ、及び公募投資信託の新規設定・運用への取り組みをそれぞれ当社連結子会社を通じて推進いたしました。また、産業インキュベーション機能の強化として、専門的なコンサルティングサービスを提供できる有力出資先を統合、連結子会社化する等の施策も実施いたしました。

 

 このように当企業グループは、「資本(Capital)」「知恵(Knowledge)」「戦略(Strategy)」を提供することで、あらゆる角度から事業展開を行っております。

 

(※1)「当企業グループ」は平成14年9月30日現在、当社並びに当社の連結子会社16社及び関連会社2社で構成されております。

(※2)「ベンチャーズ・コンソーシアム」とは当社ファンドの投資先企業(平成14年9月30日現在343社:当社ファンドによる重複投資先企業を除きます)及び当企業グループのコンサルティング契約先企業(同52社:当社コンサルティング機能の一部を連結子会社のイー・リサーチ株式会社に移管したため同社のコンサルティング契約先企業数も含む)を中心に構成される企業群全体をいいます。

 

 当社、子会社及び関連会社の主な業務の内容及び各社の位置付けは次のとおりであります。

 

 

主な業務の内容

会社名

産業インキュベーション事業

投資事業組合等の管理・運用

(産業インキュベーション事業)

投資事業組合等の管理・運用は民法上の任意組合、商法上の匿名組合及びそれらを複合した組合等を設立し、組合資産の運用・管理を行っております。

当該業務の収益源は、投資事業組合等設立時の設立報酬、投資事業組合等の運用期間中にその投資事業組合等の総額等の一定割合を受領する管理報酬、投資事業組合等の売買実現益の一定割合を受領する成功報酬等から構成されております。

当 社

ソフトバンクベンチャーズ株式会社 ◎

ソフトバンク・コンテンツ・パートナーズ株式会社 ◎

ソフトトレンドキャピタル株式会社 ◎

SOFTBANK CHINA VENTURE INVESTMENTS LIMITED ◎

エスビーアイ・キャピタル株式会社 ◎

SOFTECH INVESTMENT MANAGEMENT

COMPANY LIMITED ○

国内外のベンチャー企業等への投資

当社及び連結子会社の自己勘定による国内外のインターネット関連企業を中心としたベンチャー企業等への投資を行っております。当該業務の収益源は、投資証券の売買実現益等から構成されております。

当 社

SOFTBANK INVESTMENT (INTERNATIONAL)

 HOLDINGS LIMITED ◎

SOFTBANK INVESTMENT (INTERNATIONAL)

COMPANY LIMITED ◎

SOFTBANK CHINA VENTURE INVESTMENTS

NO.6 LIMITED ◎

SBI KOREA HOLDINGS CO.,LTD. ◎

SBI KOREA FINANCIAL CO.,LTD. ◎ 

バイオビジョン・キャピタル株式会社◎

イー・リサーチ株式会社◎

主にベンチャー企業に対する株式公開等のコンサルティング業務

コンサルティング業務については、財務・資本政策のアドバイス、株式公開スケジュールの策定、内部管理体制、ビジネスモデルの構築、ビジネスアライアンス先の紹介等、総合的な経営支援サービスを会員制により提供しております。当該収益の収益源は、会員から得られるコンサルティング料から構成されております。

当 社

株式会社ソフィアバンク ○

エス・ビー・インキュベーション株式会社

SOFTBANK INVESTMENT AMERICA

CORPORATION

不動産

ファンド事業

投資事業組合等の管理・運用

(不動産ファンド業務)

投資事業組合等の管理・運用は民法上の任意組合、商法上の匿名組合及びそれらを複合した組合等を設立し、組合資産の運用・管理を行っております。

当該業務の収益源は、投資事業組合等設立時の設立報酬、投資事業組合等の運用期間中にその投資事業組合等の総額等の一定割合を受領する管理報酬、投資事業組合等の売買実現益の一定割合を受領する成功報酬等から構成されております。

株式会社エスビーアイ不動産 ◎

エスビーアイリート投信株式会社 ◎

 

 

主な業務の内容

会社名

投資顧問業

投資顧問・投資信託業

投資顧問業法に基づき、投資運用、投資助言を行っております。当該業務の収益源は、契約資産残高の一定割合を受領する投資顧問料等から構成されております。

エスビーアイ・アセット・マネジメント株式会社 ◎

SOFTBANK FUND MANAGEMENT COMPANY

S.A. ◎

◎ 連結子会社

○ 持分法適用関連会社

 

[事業系統図]