4【経営上の重要な契約等】

イー・トレード株式会社との合併契約

 合併契約の概要は次のとおりであります。

[1]合併の主要日程

平成15年3月 7日   合併契約書締結

平成15年3月28日   合併会社・被合併会社の臨時株主総会による合併契約書の承認

平成15年6月 2日   合併期日

平成15年6月 2日   合併登記

[2]合併の目的

 日本最大級のベンチャーキャピタルファンドを運営する当社とオンライン証券最大の顧客口座数を有するイー・トレード証券株式会社を子会社に持つイー・トレード株式会社の合併によりアセットマネジメント、ブローカレッジ、インベストメントバンキング業務といった3つのコアビジネスを中心とした「総合的な金融サービス」を提供する企業グループを形成する目的として合併するものであります。

[3]合併契約の内容

イ.合併の方法

 当社は存続し、イー・トレード株式会社は解散する。

ロ.合併の期日

 平成15年6月2日

ハ.合併に際して発行する株式

(イ)当社は、合併に際し、合併期日前日の最終のイー・トレード株式会社の株主名簿(実質株主名簿を含む。以下同じ)に記載または記録された株主が所有する株式数の合計に0.63を乗じた数の株式を発行し、その各株主に対し、所有するイー・トレード株式会社の株式1株につき、当社の株式0.63株の割合をもって、これを割当交付する。ただし、当社は、イー・トレード株式会社の所有するイー・トレード株式会社の株式に対しては、当社の株式を割り当てない。

(ロ)前項により発行する新株式に対する利益配当金は、平成15年4月1日を起算日とする。

ニ.増加すべき資本金および準備金等

 当社が合併により増加する資本金、資本準備金、利益準備金および任意積立金その他の留保利益の額は、次のとおりとする。ただし、合併期日におけるイー・トレード株式会社の資産および負債の状態により、当社、イー・トレード株式会社協議の上、これを変更することができる。

(イ)増加すべき資本金

 当社は、合併に際し、資本金の額を増加させない。

(ロ)資本準備金

 商法第288条ノ2第1項第5号の超過額から本条第3号および第4号の金額を控除した額。

(ハ)利益準備金

 合併期日におけるイー・トレード株式会社の利益準備金の額。

(ニ)任意積立金その他の留保利益の額

 合併期日におけるイー・トレード株式会社の任意積立金その他の留保利益の額。ただし、積み立てるべき科目および各科目の金額は、両者協議の上、決定する。

ホ.会社財産の引継

(イ)イー・トレード株式会社は、平成14年9月30日現在の貸借対照表その他同日現在の計算を基礎とし、これに合併期日前日までの増減を加除した一切の資産、負債および権利義務を合併期日において当社に引き継ぐ。

(ロ)イー・トレード株式会社は、平成14年10月1日から合併期日前日に至る間の資産および負債の変動について、別に計算書を添付してその内容を当社に開示する。

(ハ)当社は、合併期日前日までにイー・トレード株式会社の発行した新株引受権付社債および新株予約権に関する権利義務の一切を、合併期日において承継する。なお、新株引受権付社債および新株予約権に関し、合併期日以降の新株引受権の目的たる株式の数および行使価額ならびに新株予約権の目的たる株式の数および行使価額(払込金額)については、第3条に定める合併比率に応じて調整する。

 なお、イー・トレード株式会社の平成15年3月31日現在の財政状態は次のとおりであります。

資産合計  17,008百万円

負債合計    113百万円

資本合計  16,894百万円

 

5【研究開発活動】

 該当事項はありません。