【有形固定資産等明細表】

資産の種類

前期末残高

(百万円)

当期増加額

(百万円)

当期減少額

(百万円)

当期末残高

(百万円)

当期末減価償却累計額又は償却累計額

(百万円)

当期償却額

(百万円)

差引当期末残高

(百万円)

有形固定資産

 

 

 

 

 

 

 

建物

77

17

4

60

器具備品

165

87

17

78

有形固定資産計

243

104

21

138

無形固定資産

 

 

 

 

 

 

 

商標権

7

0

0

7

ソフトウェア

150

46

12

103

電話加入権

1

1

無形固定資産計

158

46

12

112

長期前払費用

33

0

33

29

5

3

繰延資産

 

 

 

 

 

 

 

新株発行費

207

1

22

186

148

31

38

社債発行費

21

6

15

7

2

7

繰延資産計

228

1

28

201

156

33

45

 (注)1.有形固定資産の金額が資産総額の1%以下であるため、「前期末残高」、「当期増加額」及び「当期減少額」の記載を省略しております。

2.無形固定資産の金額が資産総額の1%以下であるため、「前期末残高」、「当期増加額」及び「当期減少額」の記載を省略しております。

【資本金等明細表】

区分

前期末残高

当期増加額

当期減少額

当期末残高

資本金(百万円)

7,820

 

7,826

資本金のうち既発行株式

普通株式

(株)

(335,849.15)

(623.96)

(336,473.11)

普通株式

(百万円)

7,820

5

7,826

(株)

(335,849.15)

(623.96)

(336,473.11)

(百万円)

7,820

5

7,826

資本準備金及びその他資本剰余金

(資本準備金)

 

 

 

 

 

株式払込剰余金

(百万円)

7,138

5

7,144

株式交換差益

(百万円)

2,217

2,217

(百万円)

9,356

5

9,362

利益準備金及び任意積立金

(利益準備金)

(百万円)

198

198

(任意積立金)

(百万円)

(百万円)

198

198

 (注) 1.当期末における自己株式数は、6,028.56株であります。

2.資本金、資本準備金及びその他資本剰余金の当期増加額は、旧商法の規定に基づく新株引受権付社債の新株引受権の権利行使によるもの(普通株式623.96株、資本金5百万円、資本準備金5百万円)であります。

 

【引当金明細表】

区分

前期末残高

(百万円)

当期増加額

(百万円)

当期減少額

(目的使用)

(百万円)

当期減少額

(その他)

(百万円)

当期末残高

(百万円)

投資損失引当金

1,523

4,507

545

5,485

貸倒引当金

45

45

関係会社整理損失引当金

3,830

70

3,900

賞与引当金

5

2

5

2

役員退職慰労引当金

89

14

35

68