2【沿革】

当社は、ベンチャー・キャピタル事業を行うために、ソフトバンク・ファイナンス株式会社の子会社として平成11年7月に設立されました。また、ソフトバンク・グループの日本におけるベンチャー・キャピタル事業に関連する経営資源を集約するため、平成11年11月にソフトベンチャーキャピタル株式会社、ソフトバンクベンチャーズ株式会社、ソフトバンク・コンテンツ・パートナーズ株式会社及びソフトトレンドキャピタル株式会社を完全子会社とする株式交換を実施しております。

ソフトベンチャーキャピタル株式会社はソフトベン1号投資事業組合の運営会社として平成4年1月に設立され、ソフトバンクベンチャーズ株式会社はソフトバンクベンチャーズ匿名組合の運営会社として平成8年6月に設立され、ソフトバンク・コンテンツ・パートナーズ株式会社はソフトバンク・コンテンツファンドの運営会社として平成9年5月に設立されております。これら3社は、ソフトバンク株式会社の子会社として設立され、平成11年3月にソフトバンク・ファイナンス株式会社設立の際に同社に譲渡されております。また、ソフトトレンドキャピタル株式会社は、ソフトバンク・インターネットファンドを運営するために、ソフトバンク・ファイナンス株式会社の子会社として平成11年4月に設立された会社であります。

 当社設立後の当企業グループの変遷は、以下のとおりであります。

年月

事項

平成11年 7月

ベンチャー・キャピタル事業を行うことを目的として、ソフトバンク・インベストメント株式会社を東京都千代田区に設立

平成11年10月

会員制のコンサルティングサービス(ソフトバンク・インベストメント・メンバーズ)を開始

平成11年11月

ソフトベンチャーキャピタル株式会社、ソフトバンクベンチャーズ株式会社、ソフトバンク・コンテンツ・パートナーズ株式会社及びソフトトレンドキャピタル株式会社を完全子会社とする株式交換を実施

平成11年12月

SOFTBANK INVESTMENT(INTERNATIONAL)HOLDINGS LIMITED(ケイマン諸島)を設立

SOFTBANK INVESTMENT(INTERNATIONAL)COMPANY LIMITED(ケイマン諸島)を設立

SOFTBANK CHINA VENTURE INVESTMENTS NO.6 LIMITED(ケイマン諸島)を設立

SOFTBANK CHINA VENTURE INVESTMENTS LIMITED(香港)株式を取得

平成12年 1月

100%子会社であるソフトベンチャーキャピタル株式会社を吸収合併

平成12年 3月

当社を業務執行組合員とする投資事業組合(民法上の組合)であるソフトバンク・インターネットテクノロジー・ファンド1号(当初出資金総額68,800百万円)を設立

平成12年 4月

当社を業務執行組合員とする投資事業組合(民法上の組合)であるソフトバンク・インターネットテクノロジー・ファンド2号(当初出資金総額115,200百万円(このうちソフトバンク・インターネットテクノロジー・ファンド1号から53,000百万円の出資を受けております))を設立

平成12年 6月

ベンチャー・キャピタルの役割を補強すべく株式会社ソフィアバンクを設立

平成12年 7月

当社を業務執行組合員とする投資事業組合(民法上の組合)であるソフトバンク・インターネットテクノロジー・ファンド3号(当初出資金総額19,500百万円)を設立

大阪支店を大阪府大阪市北区に開設(平成14年10月に中央区に移転)

平成12年12月

大阪証券取引所ナスダック・ジャパン市場に上場

平成13年 4月

投資顧問業への事業展開を図るため、ソフトバンク・アセット・マネジメント株式会社の株式を取得

企業再生ファンドの運用・管理を目的としたエスビーアイ・キャピタル株式会社を設立

不動産ファンド事業を展開すべくエスビーアイ・リアルエステートマネジメント株式会社を設立(平成14年3月に株式会社エスビーアイ不動産に社名変更)

平成13年 5月

エスビーアイ・キャピタル株式会社を業務執行組合員とする投資事業組合(民法上の組合)であるSBI・LBO・ファンド1号(当初出資金5,000百万円)を設立

平成13年 6月

資産運用業務の強化を図るため、あおぞらアセットマネジメント株式会社の株式を取得

平成13年 7月

本店所在地を東京都港区に変更

 

年月

事項

平成14年 1月

不動産投資信託の資産運用業務への事業展開を図るため、株式会社東京リート投信の株式を取得(平成14年4月にエスビーアイリート投信株式会社に社名変更)

平成14年 2月

東京証券取引所市場第一部に上場

 

エスビーアイ・キャピタル株式会社を運用者とする企業再生ファンド一号投資事業有限責任組合を設立

平成14年 5月

ベンチャー企業に対するコンサルティング事業の強化を図るため、当社が筆頭株主であるイー・リサーチ株式会社とキャピタルドットコム株式会社の両社を合併(存続会社はイー・リサーチ株式会社)

資産運用ニーズの多様化・高度化にスピーディーな対応を図るため、子会社であるあおぞらアセットマネジメント株式会社とソフトバンク・アセット・マネジメント株式会社を合併

(新会社の商号をエスビーアイ・アセット・マネジメント株式会社に変更)

エスビーアイ・アセット・マネジメント株式会社が同社初の公募投資信託「ニュージャパン・インデックス・ファンド<DC年金>」を設定、運用を開始

平成14年 8月

バイオファンドの運用・管理を目的としたバイオビジョン・キャピタル株式会社を設立

平成14年11月

大阪証券取引所のナスダック・ジャパン市場から市場第一部に上場

平成15年 2月

CDO(債務担保証券)ファンド事業への進出を図るため、アルスノーバ・キャピタル・リサーチ株式会社の株式を取得

エスビーアイリート投信株式会社の全株式を売却

平成15年 6月

総合的な金融サービスを提供する企業グループとして積極的な事業展開を推進するため、イー・トレード株式会社と合併し、イー・トレード証券株式会社、ソフトバンク・フロンティア証券株式会社、イー・コモディティ株式会社、エスエフ・リアルティ株式会社を子会社化

平成15年10月

ワールド日栄証券株式会社の株式を取得し子会社化

 

エスエフ・リアルティ株式会社の全株式を売却

平成15年11月

SOFTBANK CHINA VENTURE INVESTMENTS LIMITED(香港)の全株式を売却

平成15年12月

バイオビジョン・キャピタル株式会社を運用者とするバイオビジョン・ライフサイエンス・ファンド1号を設立

 

日商岩井証券株式会社の株式を取得し子会社化(平成16年3月にフィデス証券株式会社に社名変更)

平成16年 2月

ワールド日栄証券株式会社とソフトバンク・フロンティア証券株式会社が合併し、ワールド日栄フロンティア証券株式会社に商号変更

平成16年 2月

ファイナンス・オール株式会社の株式を取得し同社及び同社の子会社であるグッドローン株式会社、ウェブリース株式会社、ファイナンス・オール・サービス株式会社、イー・ローン・ダイレクト株式会社(平成16年3月にホームローン・コンサルティング株式会社に社名変更)、株式会社テックタンク、ベリトランス株式会社を子会社化

平成16年 3月

SOFTBANK INVESTMENT(INTERNATIONAL)HOLDINGS LIMITED(ケイマン諸島)、SOFTBANK INVESTMENT(INTERNATIONAL)COMPANY LIMITED(ケイマン諸島)、SOFTBANK CHINA VENTURE INVESTMENTS NO.6 LIMITED(ケイマン諸島)の全株式を売却

 

100%子会社である株式会社エスビーアイ不動産を吸収合併

 

3【事業の内容】

当企業グループ(※1)(平成16年3月31日現在、当社並びに当社の連結子会社22社及び関連会社1社で構成されております) は、アセットマネジメント、ブローカレッジ&インベストメントバンキング、ならびにファイナンシャル・サービス事業をコアビジネスとした「総合的な金融サービス」を提供する企業グループとして積極的な事業展開を推進しております。

※1 日本最大級のベンチャーキャピタルファンドを運営する当社とオンライン証券最大の顧客口座数を有するイー・トレード証券株式会社を子会社に持つイー・トレード株式会社は平成15年6月に合併いたしました。また、平成15年10月にはワールド日栄証券株式会社(平成16年2月にソフトバンク・フロンティア証券株式会社との合併によりワールド日栄フロンティア証券株式会社に商号変更)、平成15年12月には日商岩井証券株式会社(平成16年3月にフィデス証券株式会社に商号変更)、および平成16年2月にはファイナンス・オール株式会社をそれぞれ子会社化することによりアセットマネジメント、ブローカレッジ&インベストメントバンキング、ファイナンシャル・サービス事業等、総合的な金融サービスを提供する企業グループとして事業基盤の強化・拡大を進めております。

 

アセットマネジメント事業では、産業クリエーターとしてIT分野を軸とした21世紀の中核的産業の創造及び育成を担うリーディング・カンパニーになるといった経営理念のもと、主に当企業グループが運営するファンド(以下、「当社ファンド」)を通じて投資先企業へのリスクキャピタルの供給、税務・財務管理の支援サービスや株式公開等に関するコンサルティングサービスの提供及び役職員の派遣を含む総合的な支援を継続してまいります。また、投資先企業間の業務・資本提携等のアライアンスを推進し、当企業グループのネットワーク及び株式公開支援のノウハウを活用し、投資先企業のさらなる企業価値増大を進めることにより、当社ファンド等の投資成果向上を図っております。

 

ブローカレッジ&インベストメントバンキング事業(※2)では、「顧客中心主義」に徹し、大幅な取引コストの削減、魅力ある投資機会(商品)の提供等の実現により、投資家に最大の経済的便益をもたらすことを目指すイー・トレード証券株式会社、富裕層を顧客にもつワールド日栄フロンティア証券株式会社を軸に、あらゆる金融商品への投資仲介や資本市場からの資金調達、証券化スキーム、M&A、ストラクチャード・ファイナンスの提案といった高度な金融技術の提案を行なっております。

※2 オンライン証券最大の顧客口座数を有するイー・トレード証券株式会社、強固な営業ネットワークをもつワールド日栄フロンティア証券株式会社及び機関投資家を中心とした広範な顧客層を持つフィデス証券株式会社を傘下に証券業のネットとリアルを融合させ、それぞれのリソースを最大限に活用することで、当企業グループの中核事業であるインベストメントバンキング、アセットマネジメント、ブローカレッジの各事業基盤を飛躍的に拡充し、さらにはプライベートバンキング業務における積極的な事業展開を推進しております。

 

ファイナンシャル・サービス事業(※3)では、金融分野においてより広範な事業基盤を構築し、収益の安定化を促進させるとともに、個人・法人の顧客基盤の融合、証券化業務における協業、投資先企業をはじめとする外部経営資源の有効活用などを推進し、総合金融サービスを拡充してまいります。

※3 低金利の新しい全期間固定金利住宅ローンを提供するグッドローン株式会社やIT分野に特化したウェブリース株式会社を中心としたファイナンシャル・プロダクト事業、ローンや保険をワンテーブルで比較するイーローンやインズウェブの各事業部を中心としたファイナンシャル・マーケットプレイス事業等から構成されております。

 

当社、子会社及び関連会社の主な業務の内容及び各社の位置付けは次のとおりであります。

区分

 

主な業務の内容

会社名

アセットマネジメント事業

投資事業組合等の管理・運用

 

投資事業組合等の管理・運用は民法上の任意組合、商法上の匿名組合及びそれらを複合した組合等を設立し、組合資産の運用・管理を行っております。

当該業務の収益源は、投資事業組合等設立時の設立報酬、投資事業組合等の運用期間中にその投資事業組合等の総額等の一定割合を受領する管理報酬、投資事業組合等の売買実現益の一定割合を受領する成功報酬等から構成されております。

当 社

ソフトバンクベンチャーズ株式会社 ◎

ソフトバンク・コンテンツ・パートナーズ株式会社 ◎

ソフトトレンドキャピタル株式会社 ◎

エスビーアイ・キャピタル株式会社 ◎

バイオビジョン・キャピタル株式会社◎

国内外のベンチャー企業等への投資

当社及び連結子会社の自己勘定による国内外のインターネット関連企業を中心としたベンチャー企業等への投資を行っております。

当該業務の収益源は、投資証券の売買実現益等から構成されております。

当 社

SBI KOREA HOLDINGS CO.,LTD. ◎

イー・リサーチ株式会社 ◎

エス・ビー・インキュベーション株式会社 ◎

株式会社ソフィアバンク ○

 

投資顧問業務その他

投資顧問業法に基づく投資運用・投資助言や不動産投資(不動産および不動産証券化商品への投資)、住居系不動産の企画・開発、不動産ファンド等へのアドバイザリー業務を行っております。投資顧問業務の収益源は、契約資産残高の一定割合を受領する投資顧問料等、不動産業は不動産の売買実現益等から構成されております。

当 社

エスビーアイ・アセット・マネジメント株式会社 ◎

アルスノーバ・キャピタル・リサーチ株式会社 ◎

SOFTBANK FUND MANAGEMENT COMPANY S.A. ◎

ブローカレッジ&インベストメントバンキング事業

証券業・商品先物業

あらゆる金融商品への投資仲介や資本市場からの資金調達、証券化スキーム、M&A、ストラクチャード・ファイナンスの提案といった高度な金融技術の提案を行なっております。

イー・トレード証券株式会社 ◎

ワールド日栄フロンティア証券株式会社 ◎

フィデス証券株式会社 ◎

イー・コモディティ株式会社 ◎

ファイナンシャル・サービス事業

総合的な金融サービス業

金融分野においてより広範な事業基盤を構築し、個人・法人の顧客基盤の融合、証券化業務における協業、投資先企業をはじめとする外部経営資源の有効活用などを推進し、総合金融サービスを拡充しております。

ファイナンス・オール株式会社 ◎

グッドローン株式会社 ◎

ウェブリース株式会社 ◎

ファイナンス・オール・サービス株式会社 ◎

ホームローン・コンサルティング株式会社 ◎

株式会社テックタンク ◎

ベリトランス株式会社 ◎

◎ 連結子会社    ○ 持分法適用関連会社

 

[事業系統図]