2【営業の状況】

(1) アセットマネジメント事業の状況

アセットマネジメント事業は、主に日本最大級のベンチャーキャピタルファンドを運営する当社及び当社連結子会社によって運営されております。ファンド管理業務や投資業務の状況は以下の通りであります。

 

[1] 投資事業組合等の管理業務

以下の情報は、平成16年3月31日現在における各ファンドの直近決算(中間決算を含む)に基づく情報であります。

 

運用者

設立日

決算期
(中間)

主な
投資対象

監査法人

投資先
会社数(社)
(注)2

投資残高
(百万円)
(注)3

当初出資金
(百万円)

純資産
価額
(百万円)
(注)4

時価純資産価額
(百万円)
(注)5

契約満了
(注)1

ソフトベン2号投資事業組合

ソフトバンク・インベストメント(株)

1995年11月24日

6月
(12月)

主として米国のインターネット関連企業等

監査法人
トーマツ

33
(25)

3,430
(2,973)

5,700

(脱退により現在は5,500)

5,033

5,256

2005年11月30日

ソフトバンク・コンテンツファンド

ソフトバンク・コンテンツ・パートナーズ(株)

1997年7月1日

12月

(−)

主としてCS放送へコンテンツを提供する事業及び企業等

中央青山
監査法人

19

(11)

4,176

(2,824)

9,600

4,934

5,430

2005年6月30日

(2007年6月30日)

ソフトバンク・インターネットファンド

ソフトトレンドキャピタル(株)

1999年7月1日

9月

(−)

国内外のインターネット関連企業等

優成
監査法人

57
(4)

5,509
(234)

12,300

6,539

6,613

2008年9月30日

(2010年9月30日)

ソフトバンク・インターネットテクノロジー・ファンド

ソフトバンク・インベストメント(株)

2000年3月1日

6月

(12月)

国内のインターネット関連企業等

監査法人
トーマツ

172

(−)

63,102

(−)

150,500

86,312

95,346

2005年6月30日

(2007年6月30日)

SBI・LBO・ファンド1号

エスビーアイ・キャピタル(株)

2001年5月16日

4月

(10月)

国内外買収対象企業

中央青山
監査法人

4

(−)

1,527

(−)

5,000

4,662

4,662

2008年4月30日

(2010年4月30日)

企業再生ファンド一号投資事業有限責任組合

エスビーアイ・キャピタル(株)

2002年2月15日

5月

(11月)

リストラクチャリングを必要とする国内外企業

中央青山
監査法人

2

(−)

1,376

(−)

10,400

9,683

9,683

2010年5月31日

(2012年1月31日)

ブイアール企業再生ファンド投資事業有限責任組合

エスビーアイ・キャピタル(株)

2002年10月18日

11月

(5月)

リストラクチャリングを必要とする国内企業

中央青山
監査法人

2

(−)

132

(−)

1,001

945

945

2010年11月30日

(2012年9月30日)

SBI・リアル・インキュベーション1号投資事業有限責任組合

(注)6

ソフトバンク・インベストメント(株)

2003年9月1日

8月

国内のフランチャイズ企業

優成
監査法人

(注)6,8

(注)6,8

1,100

(注)6,8

(注)6,8

(注)6,8

2011年8月31日

(2013年8月31日)

バイオビジョン・ライフサイエンス・ファンド1号

(注)7

バイオビジョン・キャピタル(株)

2003年12月24日

9月

主にバイオテクノロジー等に関する事業を行う国内外企業

監査法人
トーマツ

(注)7,8

(注)7,8

3,000

(注)7,8

(注)7,8

(注)7,8

2012年9月30日

(2014年9月30日)

合  計 (注)8

289

(40)

79,252

(6,031)

198,601

118,108

127,935

(注)1.契約満了の( )内の日付は、契約期間満了後の期間延長が可能となっている場合に、最大限期間延長した場合の契約期間満了日を記載しております。

2.投資先会社数には証券投資のほか、組合への投資等の件数も含まれておりますが、減損処理を全額行っているものにつきましては除外されております。なお、( )内の社数は海外における投資先会社数を記載しております。
また、投資先会社数の合計は各ファンド間において同一の投資先がある場合には重複して計算されております。

3.投資残高の( )内の金額は海外における投資残高を記載しております。

4.純資産価額は、取得原価(著しく価値の下落したものは減損処理後の金額)により算出しております。

5.時価純資産価額は、純資産価額に各ファンドの直近決算期末(中間決算も含む)現在の有価証券含み損益を加味した金額であります。なお、時価を算定するにあたっては、公開株式につきましては各ファンドの直近決算期末(中間決算も含む)現在の取引相場の終値、未公開株式等につきましては取得原価で評価しております。

6.SBI・リアル・インキュベーション1号投資事業有限責任組合の当初出資金は出資約束金であり、平成16年3月31日現在、出資金は220百万円であります。投資先会社数、投資残高、当初出資金、純資産価額、時価純資産価額につきましては最初の決算を迎えていないため記載を省略しております。

7.平成15年12月24日にバイオビジョン・ライフサイエンス・ファンド1号を設立いたしました。
バイオビジョン・ライフサイエンス・ファンド1号の当初出資金は出資約束金であり、平成16年3月31日現在、出資金は750百万円であります。投資先会社数、投資残高、当初出資金、純資産価額、時価純資産価額につきましては最初の決算を迎えていないため記載を省略しております。

8.SBI・リアル・インキュベーション1号投資事業有限責任組合およびバイオビジョン・ライフサイエンス・ファンド1号が最初の決算を迎えていないため、投資先会社数、投資残高、当初出資金、純資産価額、時価純資産価額の合計額には、両ファンドの投資先会社数および各金額が含まれておりません。

[2]投資業務

[2]−1 証券種類別投資実行額及び投資残高

当社及び連結子会社による直接投資

証券種類

投資実行額

前連結会計年度

当連結会計年度

自 平成14年10月 1日

至 平成15年 3月31日

自 平成15年 4月 1日

至 平成16年 3月31日

金額(百万円)

会社数(社)

金額(百万円)

会社数(社)

株式

1,245

16

1,581

7

新株予約権付社債

新株予約権

その他

(社債等)

合計

1,245

16

1,581

7

 

証券種類

投資残高

前連結会計年度末

当連結会計年度末

(平成15年3月31日現在)

(平成16年3月31日現在)

連結貸借対

照表計上額

(百万円)

会社数

(社)

連結貸借対

照表計上額

(百万円)

会社数

(社)

株式

10,422

65

5,133

54

新株予約権付社債

新株予約権

0

1

0

1

その他

(社債等)

合計

10,422

66

5,133

55

(注)同一の会社の複数の証券種類に直接投資している場合は、それぞれを1社としてカウントしており、証券種類間の重複があります。なお、重複社数を除いた平成16年3月31日現在、平成15年3月31日現在の投資残高会社数の合計はそれぞれ54社、65社であります。

当社ファンドによる投資

証券種類

投資実行額

前連結会計年度

当連結会計年度

自 平成14年10月1日

至 平成15年3月31日

自 平成15年4月1日 

至 平成16年3月31日

金額

(百万円)

会社数

(社)

金額

(百万円)

会社数

(社)

株式

1,718

4

17,940

17

新株予約権付社債

350

2

6,017

8

新株予約権

0

2

0

1

その他

(社債等)

300

1

合計

2,068

8

24,257

27

 

証券種類

投資残高

前連結会計年度末

当連結会計年度末

(平成15年3月31日現在)

(平成16年3月31日現在)

金額

(百万円)

会社数

(社)

金額

(百万円)

会社数

(社)

株式

70,304

296

79,472

248

新株予約権付社債

12,551

22

15,452

20

新株予約権

0

10

0

6

その他

(社債等)

1,030

4

1,191

5

合計

83,887

332

96,117

279

(注) 1.海外の投資先等につきましては、各期末現在の為替レートで円換算額を付して記載しております。

2.当連結会計年度の投資実行額及び当連結会計年度末の投資残高は平成16年3月31日現在の仮決算に基づく金額であり、前連結会計年度の投資実行額及び前連結会計年度末の投資残高は平成15年3月31日現在の仮決算に基づく金額であります。

3.会社数については、1社に対し複数のファンドから投資している場合は1社としてカウントしており、重複を排除しております。同一の会社の複数の証券種類に出資している場合は、それぞれを1社としてカウントしており、証券種類間の重複があります。なお、かかる証券種類間の重複会社数を除いた当連結会計年度、前連結会計年度の投資実行社数はそれぞれ21社、7社であり、平成16年3月31日現在、平成15年3月31日現在の投資残高会社数の合計はそれぞれ254社、308社であります。

 

 

  次へ