(セグメント情報)

【事業の種類別セグメント情報】

前連結会計年度(自平成14年10月1日 至平成15年3月31日)

事業の種類別の状況は次のとおりであります。

 

産業インキュベーション事業

(百万円)

不動産事業

(百万円)

その他の事業

(百万円)

(百万円)

消去又は全社

(百万円)

連結

(百万円)

T 売上高及び営業損益

 

 

 

 

 

 

売上高

 

 

 

 

 

 

(1)外部顧客に対する売上高

3,385

5

142

3,532

3,532

(2)セグメント間の内部売上高又は振替高

3,385

5

142

3,532

3,532

営業費用

7,922

89

197

8,209

677

8,887

営業利益(又は営業損失)

△4,537

△84

△55

△4,676

△677

△5,354

U 資産、減価償却費及び

 

 

 

 

 

 

資本的支出

 

 

 

 

 

 

資産

26,231

3,290

678

30,200

△926

29,273

減価償却費

16

0

6

23

20

44

資本的支出

54

1

4

60

60

1. 事業区分は、内部管理上採用している区分によっております。

2.各事業の主な内容

(1)産業インキュベーション事業 ---- 主に国内企業をはじめIT(情報技術)分野を軸とした21世紀の中核的産業の創造及び育成を担う産業インキュベーション事業

(2)不動産事業 -------------------- 不動産による資産運用事業

(3)その他の事業 ------------------ 投資顧問業等

3.営業費用のうち消去又は全社の区分に含めた配賦不能営業費用の金額は677百万円であり、当社の管理本部等における販売費及び一般管理費であります。

4.資産のうち、消去又は全社の区分に含めた全社資産の金額はありません。

5.前連結会計年度における「不動産ファンド事業」は、不動産開発事業への進出に伴い、実態を適正に反映させるため、当連結会計年度より「不動産事業」に事業名称を変更いたしました。

 

当連結会計年度(自平成15年4月1日 至平成16年3月31日)

事業の種類別の状況は次のとおりであります。

 

アセットマネジメント事業

(百万円)

ブローカレッジ&インベストメントバンキング事業

(百万円)

ファイナンシャル・サービス事業

(百万円)

(百万円)

消去又は全社

(百万円)

連結

(百万円)

T.売上高及び営業損益

 

 

 

 

 

 

売上高

 

 

 

 

 

 

(1)外部顧客に対する売上高

12,595

21,135

1,633

35,364

35,364

(2)セグメント間の内部売上高又は振替高

4,349

221

151

4,722

△4,722

16,945

21,357

1,784

40,086

△4,722

35,364

営業費用

11,537

14,051

1,566

27,155

122

27,277

営業利益

5,407

7,306

217

12,931

△4,844

8,086

U. 資産、減価償却費及び資本的支出

 

 

 

 

 

 

資産

35,140

347,092

15,042

397,275

△630

396,644

減価償却費

34

638

604

1,277

40

1,318

資本的支出

18

945

647

1,611

△127

1,483

1.事業区分は、内部管理上採用している区分によっております。

2.各事業の主な内容

(1)アセットマネジメント事業

ベンチャーキャピタルを中心とした伝統的投資資産からオルタナティブ投資資産までのあらゆる運用資産を投資対象とするポートフォリオ形成事業

(2)ブローカレッジ&インベストメントバンキング事業

株式(国内・海外)・債券・為替・保険・商品先物のあらゆる金融資産への投資仲介事業や資本市場からの資金調達、証券化スキーム、M&A、ストラクチャード・ファイナンスの提案といった高度な金融技術の提案事業

(3)ファイナンシャル・サービス事業

金融商品の情報提供サービスや金融関連事業の統括事業

3.営業費用のうち消去又は全社の区分に含めた配賦不能営業費用の金額は1,479百万円であり、当社の管理本部等における販売費及び一般管理費であります。

4.資産のうち、消去又は全社の区分に含めた全社資産の金額はありません。

5.事業区分の変更

事業区分の方法については、従来、事業の種類・性質の類似性等の観点から「産業インキュベーション事業」、「不動産事業」、「その他の事業」の3事業区分としておりましたが、平成15年6月にイー・トレード株式会社を合併したことによりイー・トレード証券株式会社等4社が新たに連結子会社となった他、平成15年10月にはワールド日栄証券株式会社(現ワールド日栄フロンティア証券株式会社)、平成16年2月にはファイナンス・オール株式会社がそれぞれ連結子会社となり連結範囲が拡大したことにより、上記3事業区分の重要性が相対的に減少し、従来の3事業区分では連結グループの多角化した事業の実態を適切に反映させることが困難となってきたため、従来の3事業区分をまとめて「アセットマネジメント事業」とし、また、連結範囲の拡大により新たに進出することとなった事業を「ブローカレッジ&インベストメントバンキング事業」及び「ファイナンシャル・サービス事業」としております。

 

【所在地別セグメント情報】

前連結会計年度(自平成14年10月1日 至平成15年3月31日)及び当連結会計年度(自平成15年4月1日 至平成16年3月31日)

本邦の売上高及び資産の金額は、全セグメントの売上高の合計及び全セグメントの資産の金額の合計額に占める割合がいずれも90%超であるため、記載を省略しております。

 

【海外売上高】

前連結会計年度(自平成14年10月1日 至平成15年3月31日)

海外売上高は次のとおりであります。

 

北米

その他

T.海外売上高(百万円)

626

172

799

U.連結売上高(百万円)

3,532

V.連結売上高に占める海外売上高の割合(%)

17.7

4.9

22.6

(注)1.国又は地域は、地理的近接度により区分しております。

2.各区分に属する国又は地域の内訳は次のとおりであります。

(1)北米・・・・・・ 米国

(2)その他・・・・・ 欧州、香港、韓国

3.海外売上高は、当社及び連結子会社の本邦以外の国又は地域における売上高であります。

 

当連結会計年度(自平成15年4月1日 至平成16年3月31日)

 

北米

その他

T.海外売上高(百万円)

3,874

1,326

5,201

U.連結売上高(百万円)

35,364

V.連結売上高に占める海外売上高の割合(%)

11.0

3.8

14.7

(注)1.国又は地域は、地理的近接度により区分しております。

2.各区分に属する国又は地域の内訳は次のとおりであります。

(1)北米・・・・・・ 米国

(2)その他・・・・・ 欧州、香港

3.海外売上高は、当社及び連結子会社の本邦以外の国又は地域における売上高であります。