2007年6月27日
SBIホールディングス株式会社

当社(URL:http://www.sbigroup.co.jp/)子会社で次世代金融サービスの開発を行っているSBI Robo株式会社(本社:東京都港区、代表者:渡部 薫、URL:http://www.sbirobo.com/、以下「SBI Robo」)は、株式の銘柄検索において従来の銘柄名、証券コード以外の人名、商品名など関連性がある言葉から銘柄検索ができるサービス「E*Search」を本日より開始いたします。

従来の株式の銘柄検索は売買したい株式が決まっていて、株価はいくらか、業績はどうかと調べる時、銘柄名、証券コードを入れて検索していました。しかしテレビや雑誌、インターネット、街角などで目にする多くの情報を銘柄名まで結び付けるには経験と知識が必要になります。「E*Search」では従来の銘柄名、証券コードに加え、銘柄に関連付けられる人名、言葉、商品名、ファンド等の株主名などからも検索できるようになっており、サーチテクノロジーの力でより多くの銘柄に出会える機会をご提供致します。例えば、従来の銘柄検索では、「ネット証券」と検索しても株式の銘柄名に一致しないため、「SBIイー・トレード証券」が検索結果に表示されることはありませんでしたが、「E*Search」では「SBIイー・トレード証券(8701)」を表示することが可能になりました。

<「E*Search」について>

サービス開始日
2007年6月27日(水)
サイトURL
http://www.sbifinance.jp/

 

特 長

  • 従来の銘柄名、証券コード以外の人名、商品名等のキーワードから銘柄が検索可能。
  • ナビゲーションバーで検索結果からさらに関連キーワード、人名などで絞り込み可能。
  • 30万ものあらゆるキーワードから銘柄検索が可能。

画面イメージ

画面イメージ

本日開始する「E*Search」は、先般お知らせした金融分野での「仮想世界」の創造などを含めたSBI Roboのファイナンスポータル“SBI Finance”の最初のサービスとなります。

SBI Roboは今後も、「E*Search」の機能追加を行いユーザビリティの向上を図るとともに、順次Finance2.0を目指した金融プラットフォームサービスの展開を図ってまいりますのでご期待ください。

以上