2018年5月11日
SBI FinTech Solutions株式会社

 SBI FinTech Solutions株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:三文字正孝、韓国KOSDAQ市場上場、以下「当社」)は、本日、2018年3月期通期業績の見通しを韓国取引所に提出いたしましたので、下記の通りお知らせいたします。

【2018年3月期通期(2017年4月1日~2018年3月31日)業績】(※1)(※2)

(単位:千円)

2017年3月期
通期
(2016年4月~2017年3月)
2018年3月期
通期
(2017年4月~2018年3月)
前期比
(%)
売上高 8,076,636 13,016,802 +61.2
営業利益 546,335 1,143,198 +109.2
税引前利益 543,376 1,076,875 +98.2
親会社株主に帰属する
当期純利益
366,148 806,670 +120.3
※ウォン換算値 (単位:千ウォン)
  2017年3月期
通期(※3)
(2016年4月~2017年3月)
2018年3月期
通期(※4)
(2017年4月~2018年3月)
前期比
(%)
売上高 85,701,185 130,417,943 +52.2
営業利益 5,797,161 11,453,929 +97.6
税引前利益 5,765,763 10,789,426 +87.1
親会社株主に帰属する
当期純利益
3,885,196 8,082,188 +108.0

【2019年3月期通期(2018年4月1日~2019年3月31日)業績予想数値】(※5)

(単位:千円)

  売上高 営業利益 税引前利益 親会社株主に帰属する当期純利益
2019年3月期通期
(2018年4月~2019年3月)
14,590,000 1,320,000 1,260,000 829,000
前期比(%) +12.1 +15.5 +17.0 +2.8
(※1)記の実績は、外部監査人の監査前の数値であり、監査の結果等により変更される場合があります。
(※2)当社の連結財務諸表は国際会計基準(IFRS)に基づいて作成しております。
(※3)日本円から韓国ウォンへの換算は、期中平均為替レート1JPY=10.6110KRWを用いております。
(※4)日本円から韓国ウォンへの換算は、期中平均為替レート1JPY=10.0192KRWを用いております。
前期と比較して、為替レートは5.6%円安に変動しております。
(※5) 業績見通し等の将来に関する記述は、現在入手している情報および当社が現時点で合理的であると判断する一定の前提に基づいて記載したものであり、実際の業績等は様々な要因により大きく異なる結果となる可能性があります。

 2018年3月期の業績につきましては、決済サービス事業において取扱高および処理件数が拡大したことに加え、企業支援サービス事業が大口受注を含む新規顧客の獲得等により堅調に推移したこと、さらに国際送金サービスの取扱額増加ならびにソーシャルレンディングサービスでの新規融資実行案件の増加により個人向けマネーサービス事業が大きく伸長したこと等から、売上高は13,017百万円(前期比61.2%増)、営業利益は1,143百万円(前期比109.2%増)、税引前利益は1,077百万円(前期比98.2%増)と概ね前回発表予想どおりに推移いたしました。親会社株主に帰属する当期純利益につきましては、当社子会社の税効果会計の適用等により、807百万円(前期比120.3%増)と前回発表予想を大きく上回る見込みとなりました。

以上