公益財団法人 SBI子ども希望財団

検索エリア
  1. ホーム  >
  2. プレスリリース  >
  3. 2013年  >
  4. 「子育て支援フォーラム in 愛媛 ~ 子育ての応援とゼロ歳児からの子ども虐待防止を目指して~」開催のお知らせ

「子育て支援フォーラム in 愛媛
~ 子育ての応援とゼロ歳児からの子ども虐待防止を目指して~」開催のお知らせ

2013年12月26日
公益財団法人SBI子ども希望財団

公益財団法人SBI子ども希望財団(所在地:東京都港区、理事長:田淵 義久、以下「当財団」)は、社団法人日本医師会および社団法人愛媛県医師会と共同で「子育て支援フォーラム in 愛媛~子育ての応援とゼロ歳児からの虐待防止を目指して~」を開催することとなりましたので、お知らせいたします。

「子育て支援フォーラム in 愛媛」開催概要

日時:
平成26年2月8日(土)14:00~17:00
場所:
愛媛県医師会館 愛媛県松山市三番町4丁目5-3
参加費:
無料(先着350名)託児施設有(要事前申込)

プログラム概要:

基調講演
「子どもの養護と日本の未来」
座長:今村 定臣(日本医師会常任理事)
講師:塩崎 恭久(衆議院議員/自由民主党政調会長代理/児童の養護と未来を考える議員連盟会長)
シンポジウム
座長:池谷 東彦(愛媛県医師会理事)
1.「妊娠期からの虐待予防の視点と育児支援~松山赤十字病院での成育医療の展開~(仮)」
横山 幹文(松山赤十字病院産婦人科代表診療部長)
2.「愛媛県での虐待予防への取り組みについて-小児科医の立場から-(仮)」
山本 英一(愛媛県立中央病院小児科主任部長/小児医療センター副センター長)
3.「行き場のない子どもたちのために~子どもシェルター「ピピオの家」の取組み~」
戸田 慶吾(NPO法人ピピオ子どもセンター理事/弁護士/広島修道大学法務研究科教授)
4.「子育ち・子育て-虐待の親子関係から学ぶ-」
稲垣 由子(甲南女子大学人間科学部総合子ども学科教授/小児科医)

詳しいプログラム、ご参加申込方法等は、別添資料をご覧ください。

本フォーラムでは、増え続ける児童虐待について「社会全体としてどう取り組んでいけばよいか」というテーマを掲げており、児童虐待の現状をご理解いただくと共に、次世代の健全な育成を目指すという観点からも広く一般の方にもご参加いただきたいと考え、平成23年より毎年全国各地で開催し、多くの方にご参加いただいております。

当財団では、今後も、子どもたちが自分の可能性を追求し、将来立派に自立していけるような支援活動を目指し、子どもたちの入所施設の改善・充実はもちろんのこと、子どもたちの育成にも焦点を当てた活動を展開してまいります。

【公益財団法人SBI子ども希望財団 概要】
SBI子ども希望財団は虐待を受ける等厳しい境遇に置かれた子ども達の福祉向上を目的に2005年10月に、SBIグループの社会貢献活動として設立され、2010年3月に公益財団法人へ移行しました。児童福祉施設等への寄付や児童養護施設の職員を対象とした研修、施設退所後の子どもたちの自立支援のほか、オレンジリボン運動の推進など児童虐待防止啓発活動も積極的に行っています。
SBI子ども希望財団のホームページ: https://www.sbigroup.co.jp/zaidan/

別添資料(詳しいプログラム、ご参加申込方法等)(395.2KB)

  1. ホーム  >
  2. プレスリリース  >
  3. 2013年  >
  4. 「子育て支援フォーラム in 兵庫 ~ 子育ての応援とゼロ歳児からの子ども虐待防止を目指して~」開催のお知らせ

財団からのお知らせ

2019年度英会話教育支援プログラムのご案内