本文への移動 カテゴリーメニューへの移動
  1. ホーム
  2. サステナビリティ
  3. 環境 - サステナブル・ファイナンスの促進
フォントサイズ

サステナブル・ファイナンスの促進

パリ協定とSDGsの実施に向け、事業活動を通じたサステナビリティへの対応が加速する中、ESG投資の拡大や、PRI・TCFDなどの国際イニシアチブの拡大など、サステナブル・ファイナンスへの注目が集まっています。
環境課題や社会課題に対応し、持続可能な社会を実現するためには、投資の流れを加速させる必要が有り、金融は重要な役割を果たすと言われています。

SBIグループでは 、金融機関としてサステナブルな社会の実現に向けて、グリーンボンドをはじめとしたSDGs債の発行支援等を行っています。

グリーンボンドをはじめとしたSDGs債の発行支援

SBI証券は2019年3月に環境省のグリーンボンド発行促進体制整備支援事業に係る「グリーンボンド発行促進プラットフォーム」において、「登録発行支援者」に登録されました。
同事業はグリーンボンドの発行支援者の登録・公表、発行事例の情報共有や国内外の動向分析、情報発信等を行い、グリーンボンドの発行に向けた支援を充実・強化し、自律的な発行・投資の促進を目指しています。
SBI証券は2021年6月までに円建・外貨建合わせて計19件・約46.6億円相当のSDGs債の発行を支援し、インターネットを通じて販売しています。今後も専門的知見を活かし、日本の資本市場においてグリーンボンドをはじめとしたSDGs債の発展に努めていきます。

<グリーンボンドの発行に係るSBI証券の支援内容>
1. 発行初期段階
発行体のグリーンボンド発行の意向をベースに、対象プロジェクトの選定・評価・認証手続き等の発行手続きに関する実務、スケジュールの提案。国内外のグリーン・ESG関連規制、市場動向についての情報提供
2. 発行計画段階
計画策定、充当事業の特定、資金管理、報告体制等の具体的計画の策定。発行体、コンサルティング機関、格付会社等の外部レビュー機関との協議の設定
3. 発行事前段階
資金使途、資金管理についての各種開示書面の作成支援。格付会社等外部レビュー機関による意見書、目論見書等、発行時開示文書における開示案の作成支援・グリーンボンドに関するIR資料の作成支援
4. 発行段階
投資家向けのデットIRアレンジ・ドキュメンテーション等引受販売の支援