本文への移動 カテゴリーメニューへの移動
  1. ホーム
  2. サステナビリティ
  3. SDGs達成に向けた取り組み
フォントサイズ

SDGs達成に向けた取り組み

持続可能な開発目標(SDGs*)の達成に向けて

SBIグループは社会の一構成要素として、様々なステークホルダーとの調和を図りながら社会の維持・発展に貢献することを目指しています。その根底にあるのは、「私たちの社会を公正、快適で、環境適合的かつ安全なものにしたい」という信念です。これは2015年に国連で採択された、世界全体が2030年までに達成するべき共通の目標である「持続可能な開発目標(Sustainable Development Goals:SDGs)」に資するものです。

「SBIグループのマテリアリティ」の策定にあたっては、SDGsで掲げられている目標などを踏まえて、優先的に取り組むべき課題の特定を行っています。SBIグループは今後も、社会正義に照らして正しいことを実践するだけでなく、直接的な社会貢献活動にも積極的に取り組むことで、SDGsをはじめとした国際的な規範を尊重し、常にグローバルな視点に立って事業活動を行っていきます。

* 持続可能な開発目標(Sustainable Development Goals:SDGs)は2015年9月の国連サミットで参加国193ケ国により採択された、2030年までの世界的な優先課題および世界のあるべき姿を定めた世界共通の目標。17のゴールと169のターゲットで構成されます。

SBIグループのマテリアリティ(重要課題) 取り組み事例

①新たな社会潮流や顧客ニーズを捉えた付加価値の創出

o 一人ひとりのライフスタイルに
沿った資産形成機会の提供

o 顧客便益性を一層高める金融サービスの提供

o デジタルアセットを基盤とする
企業生態系の構築

・顧客中心主義の徹底追求

・SBI証券の「ネオ証券化」戦略の
推進

アフリカ諸国での金融包摂に関連
する取り組み

②新産業の育成と技術革新への貢献

o 21世紀の中核的産業の創造および
育成

o 革新的な金融サービスの提供

o 業界横断的な技術の拡散

「新産業クリエーター」の実現に
向けた投資事業の推進

・ブロックチェーン・分散型台帳技術を活用した新たな金融サービスの
提供

・インシュアテックの推進

③ステークホルダーと協働した
社会課題の解決と経済の活性化

o 地方創生に寄与する事業の推進

o パートナー企業とのアライアンスの拡大と深化

o 価値共創によるイノベーションの
促進

地域社会の課題解決に資する
地方創生への貢献

・住信SBIネット銀行の「ネオバンク構想」の推進

④豊かで健康的なサステナブル社会の
実現

o 環境分野の課題解決に資する投融資の実施

o 自然災害に伴う損害を軽減する各種保険サービスの提供

o 健康増進に資する5-ALA等を活用
した医薬品・機能性表示食品の研究
開発

o 医療情報のデジタル化やビッグデータの活用による医療の高度化に貢献

人々の医療・健康ニーズへの貢献

再生可能エネルギーの普及と地域
振興

SBI子ども希望財団を通じた被虐待児童支援

SBIウェルネスバンクを通じた人々の健康管理への貢献

直接的な社会貢献活動の歩み

⑤多様な価値観を尊重し受け入れる
組織風土の醸成

o ダイバーシティ&インクルージョンの推進

o 従業員の能力開発を通じた人材価値の継続的な向上

o 個性や人との違いを尊重できる柔軟な働き方の整備

人権に対する考え方

人材育成に関する取り組み

ダイバーシティ&インクルージョン

⑥持続的成長を実現する企業体制の
強化・充実

o 透明性・独立性が確保された意思決定プロセスの構築

o 事業機会とリスクを想定した経営
戦略の立案やリスクマネジメントの
実行

o 内部統制システムの整備と適正な
運用

コーポレート・ガバナンスの
取り組み

内部統制

コンプライアンス

リスクマネジメント