本文への移動 カテゴリーメニューへの移動
  1. ホーム
  2. サステナビリティ
  3. 社会 - 株主価値向上に向けて
フォントサイズ

株主価値向上に向けて

積極的な対話に努め信頼関係を醸成

SBIグループは、株主・投資家の皆さまに対して、積極的な情報開示を行うとともに、より良い関係の構築に努めるなど、健全で透明性の高い経営に取り組んでいます。 グループ各社の自己成長はもちろんのこと、今後上場を計画しているグループ企業の株式公開等によるグループ企業価値の顕在化のほか、M&Aや合弁会社の設立、あるいは戦略的提携等を通じ、株主価値の拡大を引き続き図ります。

積極的な情報開示

SBIグループでは、情報開示はインターネットの時代に相応しいものであるべきと考えています。この考えに則り、開示情報や経営情報および四半期ごとの決算情報などは、株主や投資家の皆さまへ迅速かつ詳細にお伝えするべく、発表資料だけでなく投資家向けの説明会動画をSBIホールディングスのホームページで公開しています。また、株主通信を株主の皆さまへお届けすることによって、SBIグループに対する理解を深めていただくように努めています。
最近増加している海外の投資家への情報開示については、英語版アニュアルレポートや英語版ホームページでの訳版各種資料の掲載に加え、説明会の翻訳版音声配信などを行っています。

より良い関係の構築

SBIグループは、情報開示だけでは株主・投資家の皆さまとのより良い関係は構築できないと考えています。業績の内容や今後の戦略をわかりやすく説明し、コミュニケーションを深めていくために、個人の株主さまに向けては、毎年6月の定時株主総会の直後に株主向け経営近況報告会を実施しているほか、半年ごとに東京・名古屋・大阪・横浜・福岡にて事業戦略等に関する説明会を開催しています(*)。
また国内外の機関投資家とは、個別面談の実施に加えて、スモールミーティングの開催やIRカンファレンスへの参加等を通じて良好な関係性の構築を図り、SBIグループの理解促進に努めています。
加えて、グループ各社においてFacebook、YoutubeやTwitterなどのソーシャルメディアを活用した情報の配信を行うなど、適正な市場評価の形成ならびに継続的な企業価値向上に努めています。
* 新型コロナウイルス感染症の拡大に伴い2021年3月期および2022年3月期は実施を見送り

IR活動の状況
活動名 活動内容
機関投資家・アナリスト向け説明会 決算業績、事業見通しを中心に四半期ごとに決算説明会を実施
海外機関投資家向け IRカンファレンス 証券会社主催のIRカンファレンスにて海外の機関投資家とのミーティングをオンライン形式にて実施
株主向け経営近況報告会 毎年6月に開催される定時株主総会直後に開催
機関投資家・アナリスト個別面談 国内外の機関投資家やアナリストからの要望に応じて随時実施
IR資料・説明動画のホームページ 掲載 決算情報をはじめとする適時開示資料、各種プレスリリース、 説明会動画やサステナビリティに関わる取り組み等を掲載
関連情報

株主・投資家の皆さまへ