採用TOP > SBIについて > 経営理念とキーワード

    SBIグループの経営哲学

    常に時流を捉えて、世のため人のためとなるような革新的な事業を創造するということが、創業時からの私たちの想いです。同時に企業は社会の一構成要素であり、社会に帰属しているからこそ存続できるという考えのもと、社会の維持・発展に貢献することを目指してきました。
     また、私たちは人に「徳」があるように、企業にも「社徳」があり、仁徳のある人が周囲から尊敬されるように、企業も徳性を高めることで社会から尊敬されるものだと考えています。これらの考え方に加え、継承するべきだと考えている企業文化のDNAが4つあります。それは、常にチャレンジし続けるために「起業家精神を持ち続けること」、「スピード重視」の意思決定と行動、過去の成功体験に捉われず「イノベーションを促進すること」、環境の変化を敏感に察知して「自己進化し続けること」です。これら4つのDNAを内包した企業文化を構築し、継承していくことで、持続的に成長する強い企業グループが維持されると考えています。

    img01

    企業価値の定義

    SBIグループの創業当時にあった「インターネット革命」と「金融の規制緩和」という2つの大きな時代の潮流は、経済や金融のあり方、顧客のライフスタイルやニーズの大きな変化に影響を与えてきました。SBIグループはその流れに乗り、消費者により高い経済性と利便性をもたらす金融サービスを多岐にわたって展開することで成長を加速させてきました。一方、SBIグループでは創業以来、企業は社会の一構成要素であり、社会に帰属しているからこそ存続できるという考えのもと、社会の維持・発展に貢献することを目指してきました。このように常に時流を捉え、革新的な事業を創 造し、世のため人のためとなるということが創業時からの私たちの想いです。

    img02

    事業活動と直接的な社会貢献活動による社会課題の解決

    2015年に国連で採択された「持続可能な開発のための2030アジェンダ」の中核をなす「持続可能な開発目標(SDGs)」は、国際社会が目指す目標として国内外における関心が一層高まっています。
     SDGsではグローバル社会が抱える、気候変動や経済的不平等、持続可能な消費と生産、平和といった様々な問題の解決に向け、行政機関や企業、市民が力を合わせて取り組むことが求められています。
     SBIグループは創業以来、事業活動を通して社会課題の解決に取り組むとともに、事業を通じて得た利益を社会に還元するべく直接的な社会貢献活動を行うことで、社会の維持・発展に貢献することを目指してきました。これはSDGsで掲げられている目標に資するものです。
     直接的な社会貢献活動としては、2010年に内閣総理大臣から公益財団法人に認定されたSBI子ども希望財団において、虐待された児童たちの自立支援や児童福祉の充実に取り組んでいます。また、会員制健康管理支援サービスを提供するSBIウェルネスバンクが提携・支援している東京国際クリニックでは、人間ドックをはじめ幅広い分野にわたり安全で質の高い医療を提供しています。
     SBIグループは今後も、市民や企業が抱える社会課題に応えることで企業価値を向上させるとともに、SDGsをはじめとした国際的な規範を尊重し、常にグローバルな視野に立った企業活動を行っていきます。

    ニュース一覧

    2017年12月13日  「FinTech関連事業 新規メンバー採用」を追加しました。
    2017年7月21日   採用サイトをリニューアルしました。