公益財団法人 SBI子ども希望財団

検索エリア
  1. ホーム  >
  2. 啓蒙活動・イベント  >
  3. 児童虐待現状報告

児童虐待現状報告

児童相談所における対応件数等

児童相談所における虐待に関する相談対応の件数は、年々増加しており、2017年度は133,778件(速報値)となっています。

資料:厚生労働省HPより

児童虐待の種類別

虐待の内容では、2016年度は、心理的虐待の割合が最も多く、次いで身体的虐待の割合が多くなっています。

資料:厚生労働省「平成28 年度福祉行政報告例の概況」より

虐待者別

主たる虐待者は、「実母」が48.5%と最も多く、次いで「実父」 38.9%となっています。

資料:厚生労働省「平成28 年度福祉行政報告例の概況」より

虐待を受けた子どもの年齢構成

小学生が34%と最も多く、次いで3歳から学齢前児童が25.6%、0歳から3歳未満が19.5%で、小学校入学前の子どもの合計が45.1%と高い割合を占めています。

資料:厚生労働省「平成28年度福祉行政報告例の概況」より

社会的養護の現状について

  乳児院 児童養護施設 児童心理治療施設
対象児童 乳児
(特に必要な場合は、幼児を含む。)
保護者のない児童、虐待されている児童、その他環境上養護を要する児童(特に必要な場合には、乳児を含む。) 家庭環境、学校における交友関係その他の環境上の理由により社会生活への適応が困難となった児童
施設数 138 615 46
児童定員(人) 3,895 32,605 2,049
児童現員(人) 2,801 26,449 1,399
職員総数(人) 4,793 17,137 1,165
  児童自立支援施設 自立援助ホーム
対象児童 不良行為をなし、又はなすおそれのある児童及び家庭環境その他の環境上の理由により生活指導等を要する児童 義務教育を終了した児童であって、児童養護施設等を退所した児童等
施設数 58 143
児童定員(人) 3,686 934
児童現員(人) 1,395 516
職員総数(人) 1743 604
小規模グループケア 1,341か所
地域小規模児童養護施設 354か所

※乳児院・児童養護施設の施設数・定員・現員は福祉行政報告例(2017年3月末現在)
※小規模グループケア、地域小規模児童養護施設のか所数は家庭福祉課調べ(2016年10月1日現在)
※職員数(自立援助ホームを除く)は、社会福祉施設等調査報告(2016年10月1日現在)
※自立援助ホームの職員数は家庭福祉課調べ(2016年3月1日現在)
※児童自立支援施設は、国立2施設を含む

社会的養護対象児童の措置先の推移

児童養護施設入所児童が緩やかに減少しながら、里親等委託率は2003年度末の8.1%から、 2016年度末には18.3%に上昇しています。

資料:内閣府「平成30年版 子供・若者白書」里親等委託率の推移より

被虐待児の割合

施設に入所している子どものうち虐待を受けている子どもの割合が高くなっています。

資料:内閣府「平成30年版 子供・若者白書」より

  1. ホーム  >
  2. 啓蒙活動・イベント  >
  3. 児童虐待現状報告

財団からのお知らせ

2018年度英会話教育支援プログラムのご案内

Copyright © 2004 - 2018 The SBI Children's Hope Fundation. All rights reserved.