(2019年3月31日現在)
(単位 百万円)

  前期
(自2017年4月1日
至2018年3月31日)
当期
(自2018年4月1日
至2019年3月31日)
営業活動によるキャッシュフロー (33,235) (71,665)
投資活動によるキャッシュフロー 7,881 (54,731)
財務活動によるキャッシュフロー 74,575 407,746
現金及び現金同等物の増減額 49,221 281,350
現金及び現金同等物の期首残高 391,572 437,148
現金及び現金同等物に係る
為替変動による影響
(3,645) (4,524)
現金及び現金同等物の期末残高 437,148 713,974

(注)表示の金額は百万円未満を四捨五入して記載しております。

キャッシュフローの状況

連結財政状態に関する定性的情報

現金及び現金同等物期末残高

当期末の総資産は5,034,124百万円となり、前期末の4,535,964百万円から498,160百万円の増加となりました。
また、資本は前期末に比べ68,733百万円増加し、562,557百万円となりました。
なお、当期末の現金及び現金同等物残高は713,974百万円となり、前期末の437,148百万円から276,826百万円の 増加となりました。各キャッシュ・フローの状況とそれらの要因は次のとおりであります。

営業活動によるキャッシュ・フロー

営業活動によるキャッシュ・フロー

営業活動によるキャッシュ・フローは、71,665百万円の支出(前期は33,235百万円の支出)となりました。これ は主に、「顧客預金の増減」が136,284百万円の収入となった一方で、「営業債権及びその他の債権の増減」が 127,521百万円の支出及び「営業投資有価証券の増減」が88,404百万円の支出となったこと等の要因によるもので あります。

投資活動によるキャッシュ・フロー

投資活動によるキャッシュ・フロー

投資活動によるキャッシュ・フローは、54,731百万円の支出(前期は7,881百万円の収入)となりました。これ は主に、「投資有価証券の売却及び償還による収入」が107,157百万円となった一方で、「投資有価証券の取得に よる支出」が125,359百万円及び「貸付による支出」が21,396百万円となったこと等の要因によるものでありま す。

財務活動によるキャッシュ・フロー

財務活動によるキャッシュ・フロー

財務活動によるキャッシュ・フローは、407,746百万円の収入(前期は74,575百万円の収入)となりました。こ れは主に、「社債の償還による支出」が102,268百万円となった一方で、「短期借入金の純増減額」が373,059百万 円の収入及び「社債の発行による収入」が168,187百万円となったこと等の要因によるものであります。