本文への移動 カテゴリーメニューへの移動
  1. ホーム
  2. 株主・投資家の皆様へ
  3. 財務・業績情報
  4. 業績報告
フォントサイズ

業績報告

SBIグループは世界経済やマーケットの状況を踏まえ臨機応変に経営戦略を遂行し持続的成長を実現していきます。

事業の経過及びその成果

 株主の皆さまには、平素より格別のご理解とご支援を賜り、心より厚く御礼申し上げます。
 2022年3月期(2021年4月~2022年3月)における我が国経済は、新型コロナウイルス感染症のワクチン接種が促進され、感染者数の減少傾向が見られたことから、景気は回復基調に向かいました。一方で、ウクライナ情勢に起因する原材料価格の高騰や、国内外の金融政策に伴う為替変動が企業の収益力に大きな影響を及ぼす可能性が懸念されており、2022年3月末の日経平均株価は2021年3月末と比較し4.7%下落しました。
 このような経済環境下において、当社の当期における連結業績は収益(売上高)が前期比41.1%増の7,636億円、税引前利益は同194.0%増の4,127億円、親会社の所有者に帰属する当期利益は同352.4%増の3,669億円となり、各項目で創業以来の過去最高を更新しました。
 なお、新生銀行の連結子会社化に伴い生じた負ののれん発生益等や2022年1~3月分の新生銀行の連結業績を除いた当期の連結業績(参考値)については、収益(売上高)が前期比29.1%増の6,987億円、税引前利益は同42.6%増の2,001億円、親会社の所有者に帰属する当期利益は同60.5%増の1,301億円となりました。
 事業別では、金融サービス事業は、当第3四半期より新生銀行を当セグメントに含め負ののれん発生益2,638億円を計上したこと等により収益、税引前利益ともに過去最高を更新しました。アセットマネジメント事業も、投資先未上場銘柄における評価益及び売却益が寄与したほか、韓国のSBI貯蓄銀行も過去最高の通期業績を達成したことから、収益、税引前利益ともに過去最高を更新しています。バイオ・ヘルスケア&メディカルインフォマティクス事業は、持分法適用関連会社であるメディカル・データ・ビジョンの株価下落に伴い、約94億円の評価損を計上したことが要因となり、前期比で税引前損失が32億円拡大しました。

株主還元について

 株主の皆さまへの利益還元の充実は、株主価値を高めることにつながる重要な経営施策の1つであると考えています。当社は、株主還元の基本方針として、年間配当金について最低配当金額として1株当たり10円の配当を実施することとし、持続的な成長のための適正な内部留保の水準、当面の業績見通し等も総合的に勘案し、さらなる利益還元が可能と判断した場合には、その都度引き上げることを目指すとしていました。なお、配当金総額に自己株式取得を加えた総還元額の水準について、親会社の所有者に帰属する当期利益の40%を下限として株主還元を実施することを謳っていましたが、キャッシュ・フローを伴わない営業投資有価証券の公正価値評価損益の総額が当社連結税引前利益に占める水準によっては、当社連結税引前利益より公正価値評価損益の総額を控除する等の調整を 実施した上で還元額を決定することとしていました。
 上記の基本方針と当連結会計年度の連結業績を踏まえ、当連結会計年度においては1株当たり30円の中間配当を実施したのに加え、1株当たりの期末普通配当金を前期よりも20円増配となる120円としました。この結果、当連結会計年度の年間配当金合計は1株当たり150円となります。

2022年3月期決算のハイライト

 金融サービス事業においては、SBI証券はオンラインでの国内株式取引の売買手数料引き下げ等の施策の段階的推進により、委託手数料収入が減少したものの、引受・募集・売出手数料や金融収益等が伸長した結果、営業利益は過去最高を更新しました。新生銀行の連結子会社化に伴い、第3四半期に負ののれん発生益等として2,020億円を計上し、第4四半期からは同行の期間損益の取り込みを開始しています。また、持分法適用関連会社の住信SBIネット銀行も業容が順調に拡大し、経常利益は過去最高を更新しています。SBIインシュアランスグループでは保有契約件数が堅調に増加し、各項目で過去最高を達成しました。
 その結果、当期の金融サービス事業の業績は、収益が前期比26.1%増の3,962億円、税引前利益は同227.5%増の2,829億円となり、過去最高となりました。

 アセットマネジメント事業においては、IFRSに基づく保有銘柄の各期末における公正価値の変動による損益及び売却損益は、未上場銘柄において多額の評価益を計上したことが寄与し、過去最高を更新しました。また、韓国のSBI貯蓄銀行も、正常債権が順調に拡大し債権全体の延滞率も1.4%と過去最低水準となったことで過去最高の通期業績を達成し、安定的な利益源として貢献しています。
 その結果、当期のアセットマネジメント事業の収益は前期比54.4%増の3,178億円、税引前利益は同97.1%増の1,660億円となり、過去最高となりました。
 当企業グループは、社会課題であるDX関連を中心とした幅広い産業における革新的技術・サービスを有するベンチャー企業への投資など、今後も時代のニーズに即した事業領域への投資を拡大していきます。

 バイオ・ヘルスケア&メディカルインフォマティクス事業においては、機能性表示食品や健康食品などで5-アミノレブリン酸(5-ALA)配合の商品ラインナップを拡充するSBIアラプロモが、コロナ禍における健康志向の高まりを受けて過去最高の売り上げを達成しました。また、SBIバイオテックは当期中に2本のパイプラインでマイルストーンを達成したことにより、マイルストーン収入を計上し通期黒字化を達成しています。一方で、持分法適用関連会社であるメディカル・データ・ビジョンの株価下落に伴い、同社株式の評価損約94億円を計上しました。
 その結果、当期のバイオ・ヘルスケア&メディカルインフォマティクス事業の業績は、収益が前期比76.3%増の99億円、税引前利益は118億円の損失(前期は86億円の 損失)となりました。
 なお、米国クォーク社については、2022年2月に全株式の売却が完了しています。

関連情報