本文への移動 カテゴリーメニューへの移動
  1. ホーム
  2. サステナビリティ
  3. 環境 - 環境負荷低減への取り組み
フォントサイズ

環境負荷低減への取り組み

SBIグループでは、生物多様性を支え、あらゆる生物の生存・生活の基盤である地球環境を守ることは、持続可能な社会の実現に欠かせないものであるという認識のもと、環境に配慮し、地球環境の保全に対して責任を持って事業活動に取り組んでいます。具体的には、事業活動に伴う温室効果ガス排出量を算出、開示しているほか、環境負荷を低減する商品やそれに資する技術を有する企業の資金調達をサポートしています。また、その商品や技術をグループ各社で導入するなど、自らの事業活動を通した環境課題の解決にも取り組んでいます。

CO2排出量の推移

SBIグループでは、SBIホールディングスおよびグループ会社の国内主要拠点におけるCO2排出量を、GHGプロトコルの定義に従って算出し、開示しています。
SBIグループでは、環境負荷低減におけるCO2排出量削減の重要性を強く認識し、グループ全体で積極的に取り組んでいきます。

(単位:t-CO2)
  2017年
3月期
2018年
3月期
2019年
3月期
2020年
3月期
2021年
3月期
CO2排出量(Scope1) - 14 108 107 85
CO2排出量(Scope2) 1,916 3,412 3,621 4,140 4,463
合計 1,916 3,426 3,729 4,246 4,548
* 2018年3月期以前に関しては算出範囲等の基準が異なるため、数値に連続性がございません。
* 計算手法:SBIホールディングスおよびグループ会社の電力使用量をもとに、環境省公表の各種排出係数を用いて、
当該集計範囲のCO2排出量を算出

水資源の保全に寄与する素材の名刺を採用


石灰石を主成分とし、紙やプラスチックに代替できるLIMEX

人口の増大や気候変動の激化、水質汚染を背景とした水問題は世界中で悪化の一途を辿っており、世界では20億人以上が安全な水を飲むことができないと言われています。
SBIグループでは、この世界的な環境課題の解決に貢献するべく、2019年3月期から役職員の名刺素材に「LIMEX」を採用しています。
石灰石を主原料とし、原料に水や木材パルプを使用せずに紙やプラスチックの代替品となるLIMEXは、例えば名刺であれば、1箱100枚あたり約10ℓの水資源の保全に繋がります。SBIホールディングスおよびSBIインベストメント等では、LIMEXを使用した名刺作成を行っており、2019年4月~2021年11月において約20tの水資源の保全に貢献しています。
このLIMEX製の名刺は、既にほかのSBIグループ各社でも導入していますが、今後もグループ内外での活用を広げ、更なる水資源の保全を目指します。